久々にゲイジュツの秋しよう、とモネ展に行こうと思ったら、月曜休館・・。
気を取り直して、N.Y.の香り(?)METのライブビューイングへ。
桜木町駅前のブルク13にて、現在は11/20まで第2弾の"オテロ"を上映中。

これなら初心者の私でも大丈夫?・・・大丈夫でした。
ダンスのないミュージカル映画(失礼?)、ちょっと昔のスペクタクル風というか、芝居バッチリで面白かった。
棒立ちで歌うのかと思ってたよ〜。 新演出ってことは、斬新なんでしょうかね。
13年前に一緒にN.Y.に行った友達が、MET退屈!と途中退出してきたので、つまんないものなんだなとずっと思っていたのだ。(私はMETの正面だけ見て別行動、ブロードウェイへ)

休憩時間に流れるインタビューと、カメラスタッフのメイキング映像が、凄くN.Y.っぽい感じがする。のに、案内役の声が小林克也に似てます(笑)。

写真の2人、オテロとイアーゴ(悪者)の2幕の二重唱が凄かったですが、いやー、愛と嫉妬に狂う人達を巧みに操るイアーゴが、ジワジワとヤな奴でたまりませーん。

ミュージカルを観たときも思いましたが、西洋人は体格良く衣装がとても美しく似合って、ビジュアル的に敵いませんな!

そしてやはり、4幕のデズデーモナのソロは一瞬寝落ち。基本ロック好きなので、静かになると寝ちゃうのだ。
f0051387_1033776.jpg

[PR]
# by rin_oz | 2015-11-16 16:38 | MOVIE

f0051387_1817132.png
f0051387_18165846.jpg


富士スバルラインの通行料が平日は無料期間中、ということで、
紅葉を見に行ってきました。

五合目駐車場は団体バスが沢山きていて、外国人でにぎわっていましたが、
私たちはサクッと周って、管理センターで奥庭のことを教えてもらって退散。

少し下の奥庭駐車場に車を止めて、
5分ほど山道を下ると奥庭荘という休憩所があり
(なお、帰りはたった5分でも急な登りになるので息が上がって皆大変(笑)!標高高いので苦しい)、
そこから30~40分のお散歩コースがあるのだ。
空いているし、まさに穴場!
カラ松の紅葉と富士山山頂、そして信州の山々も観られるのだ。雲の上から絶景!

ぐるっと歩いたら、奥庭荘でお昼ご飯。
力うどんを頼んだら、おもちの他にかき揚げやどんこなども入っていて食べがいあり。
山梨だけに、麺はほうとうです。うまい!温まる!

標高が高いので気温もそれなりに低く、
先日買ったラプアン・カンクリのストールをかぶってワタシはゴキゲンでやした。
去年から二年越しで悩んで、買って良かった・・・・。
[PR]
# by rin_oz | 2015-10-28 17:16 | TRAVEL

siriと喋る・・(笑)

英語を使っている友人に、iPhoneのsiriとプチ英会話の方法を教えてもらいました(笑)。
設定-一般-siri-言語を選択して、英語に変更する。

そして、しょーもない質問をすると英語で答えてくれるんだね。

It's cold outside, what should I do ? 
- I'm not sure I understand. えー、どういうことですか?

Are you a male ,or femail ?
- I am genderless, Like cacti. 私には性別はないのです。サボテンのようにね。
- Don't let my voice fool you. I don't have a gender. 私の声に騙されないで。性別はないのです。
- Animals and French nouns have genders. I do not. 動物とフランス語の名詞には性別があるけれど、私にはないのです。

と、同じ質問もしつこくしていると、毎回答えが違うという・・・。

What do you think about Steve Jobs ?
- It's nice of you to ask, but it doesn't really matter what I think. 聞いてくれて嬉しいけれど、私がどう思うかは取るに足らないことです。

Hey, what's up ?
-Just doing a little travering at the speed of light. It's fun, although time gets a bit sluggish in the outer galaxies. 光速で旅をしているところ、楽しいけれど、銀河系の外では時間はちょっとゆるやかになるんです。

だ、そうです。
こんなの初歩?かもしれないけれど、知らなかったので結構楽しいです。
[PR]
# by rin_oz | 2015-09-13 16:47 | LIFE

iPhone・・・

f0051387_19423725.jpg
先月スマホに替えてから、案の定はまっています。
今まで、電車のなかで周りがみんなスマホに見入っている中、紙の活字を読んでいたのですが・・・・。

私もスマホに見入っていますよ。
もともとおたくなので、熱中すると大変だ。遠ざけておくべきだったか・・・・。

<良かったこと>
・バイトのシフトアプリがすぐ確認できて更新できる。(やっとスマホにしたのか!と歓迎された)
・プロ野球速報が一番早く見られる
・ネットラジオがアラーム予約できて便利。
・辞書が手軽に使える
・スケジュールソフトで、自分とメ氏と父の予定がまとめて管理できる
・カメラがとにかく便利
・Instagramで、ベイファンと楽しくいいね合戦できる。
 NY、パリ、沖縄・・・と旅行に行った気分になれて超楽しい。
・FB・・・片手以上の友達とつながれない性格なので、早くも限界をみたが、今の状態で十分楽しい。

<残念なこと>
・ガラケーに比べて操作が面倒くさい。
・LINE・・・家族間の連絡に便利だが、大昔の知人らが表示されて驚愕(初期設定がONなのどうよ)
・手を使わないので、脳みその劣化が心配。
・新聞、本を読む時間が減ってしまった。
・元来の逃避気質がさらに・・・

と、これらは先にスマホにした友人やメ氏から聞いていたことですが、
まんまと自分もはまっている。
そろそろ、慣れてきたので、意識的に遠ざけないといかーん。
[PR]
# by rin_oz | 2015-09-08 19:48 | LIFE

バリアフリーの旅@箱根・山のホテル(1)(2)(3)を投稿しました。2013年10月の旅です。
(カテゴリー CAREGIVING)
[PR]
# by rin_oz | 2015-09-08 18:21 | CAREGIVING

f0051387_1321239.png


8月もベイスターズ祭を繰り広げた我が家ですが、
応援むなしく最下位に沈んだベイスターズ。
石田・砂田以外のお粗末な先発陣と野手の守備にがっくりする毎日・・・。

そんななか、
ファンクラブのファーム無料招待券を使うべく、追浜の横須賀スタジアムのナイタ―へ。

雨の中、売店のCOCO壱のカレーを買いつつ振り返ると、駐車場から戻る多村が! 
選手が近いのう・・・・。

日本ハム×DeNA戦、相手の先発は斉藤佑・・・ハンカチ!
途中でD打線に捕まって6回5失点でマウンドを降りる。あきませんな。
しかし、5-0から逆転されて負けるDeNAはもっとあきませんな・・・。がくり。

しかし、観客700名ほど、球場に響くキャッチャーミットの音。
若手を応援する黄色い声、一人で静かに見るおばさんやおじいさん、などなど。
ゆるーく野球好きな感じがいいです。

二軍も一軍同様覇気がありませんでしたが、これはどうしたものか・・。
私が好きな井出正太郎氏は全然打てず・・・。
メ氏が好きな荒波氏も全然打てず・・・。
2人とも二軍でくすぶっている場合ではないのだが。

試合後足早に帰ろうとしたどんより正ちゃんですが、
ファンの声に応えてサインしに来てくれました。
笑顔なし、言葉なし。
でも最後に一礼して去っていく正ちゃん、疲れていてもいい人だ・・・、応援してますぞ。
もちろん私もメ氏もサインもらいました☆

メ氏は出待ちもサインをもらうのも初めてで、
エキサイティング!しておりました。
いいねえ、いいねえ。 横須賀は選手が近い☆

これで勝ってくれたら言うことなし(涙)。
せめて、4位には行きたいよ。
[PR]
# by rin_oz | 2015-09-01 22:15 | SPORTS

YOKOHAMA STAR NIGHT 2015

f0051387_17495853.jpg


今年の我が家は、メ氏勤続xx周年記念ベイスターズ祭り絶賛開催中。
8月も旅行にも行かず猛暑の中を浜スタに通っています。

YOKOHAMA STAR NIGHT は今年が初めて。
ファンクラブはシルバーステージなのに先行販売で既に1塁側が完売・・・
3塁側のベンチ上になりましたが、どっこい、
外野の一部を除いてぐるりと全部ベイファンなので、全然問題はありませんでしたな。
むしろベイのベンチ内や、3塁のバルさんが良く見えてgood。
迷彩ユニフォームをもらって、着こんで準備万端。
あー、これで井出正太郎が2軍落ちしていなければ、もっと良かったのだがな。

試合は、珍しく先発の久保が初回崩れなしに行くじゃないの!
バルさんが先制点を入れたじゃないの!(0-1)
おっと、私がみかん氷を買いに行ってる間にホームランを打たれて同点!(1-1)

梶谷がフェンス際のフライを追っかけて、ジャンプ一番で捕球後消えたり・・・
(フェンスドアが施錠忘れで開いてしまったのだ・・・)

8回の裏は、先頭打者の梶谷が場外HR。続く4番筒香もHR。 ああー、信じられない!!!!
そして、9回表は小さな大魔神・山崎康晃(ヤスくーん)が抑えて、新人セーブ記録31Sに並ぶ。

絵に描いたような勝ちですのう・・・・。
試合後は、花火で〆。

球場の外へ出てからも、暴動のように鳴り響くヤスアキ・コールは凄かった。
まさにお祭り騒ぎ。
しかし、今日だけではだめなの。
ヤクルトには3タテを喰らわせて、4位に上がらねばな!

というわけで、まだまだ我が家のベイスターズ祭りは続いており、
来週は中日戦2連戦を観戦。
少し涼しくなってくれればよいが。
いやー、3塁側は浜風も通らず、全身汗だくでしたからの。
[PR]
# by rin_oz | 2015-08-18 23:45 | SPORTS

必至

暑くなってからこちら、バイトに入ると必ず外国人のお客様がやってくる。
猛暑の日にわざわざ店にくる日本人はあまりおらず、
旅行できていて今日しかないんだ!という外国人観光客が頑張って来てくれるわけで・・・。

ブラジル人、ドイツ人、中国人・・・etc.etc.

暑い中来てくれてありがとうございますうううううー という気持ちを込めて、
ものすごいボディランゲージで接客していますが、
そろそろ限界を感じる。
[PR]
# by rin_oz | 2015-08-06 14:26 | LIFE

2回目は、母が亡くなった遺品整理で。

着物だけはどうにも手をつける気になれず、だらんだらんと先延ばしにしていましたが、
一周忌前にはやろう・・・と思って春に終わらせました。

残された着物の処遇は以下の通り。
・黒留袖と大島紬、その小物類 → 東北へ寄付。
・大島紬・結城紬の残り → 絶対にもらってと言われたので未だ処分できず保留(うう・・・)
・父方の祖母の形見の帯 → 保留
・母の喪服(冬・夏) → リメイク

というわけで、今回はリメイクのはなし。

以前NHKの番組でみたことのある和服のリメイク「カナタツ商店」さんに依頼しました。

f0051387_17472879.jpg



一昨日出来上がってきたのが写真のとおり。

夏喪服→日傘1本(家紋をいれない)
喪服の羽織→日傘1本(家紋をいれない)
夏喪服の帯→手提げハンドバッグ(A4・閉じ口マグネット・内ポケット×1)
喪服の帯→大きめバッグ(マチあり・口布とファスナー閉じ・内ポケット×2)

に、してもらいました。

カタログ請求

着物を送る・希望を伝える(カナタツ商店のブログを参考に)

着物を見てもらい、希望の品に落とし込んでもらう。
メールを何度もやりとりして、デザインやサイズなどの詳細を詰めていく。
(この段階がとても細かく、信頼できるところ)

詳細が決まったら、見積りをだしてもらい、先払い。

製作期間:約2カ月

出来上がりの連絡があり、納品。


バッグは、帯の柄を良く活かしてもらっているし、日傘は竹持ち手でUV加工済。
・・・というわけで、使えるものに変身いたしました。 
出来上がりもとても丁寧で、大満足。
とても晴れ晴れとしているワタシです。
(そうして、春から思う存分ベイスターズにのめりこみ始めたわけですね・・・)

保留の品はもうちょっと寝かしておいて、もしかしたらまたリメイクするかもしれませぬ。
まわし者ではありませんが、カナタツ商店さんはかなりおススメ!

****************************************
黒留袖を残していたのは、(着られないけれど)上の弟の結婚式には・・
っつうか、早く結婚してちょうだい! という 願いだったと思われるのですが、
ついぞ実現せず・・・。
[PR]
# by rin_oz | 2015-07-26 18:10 | CAREGIVING

元々実家には和服の山が3つあり、
一つは母の和ダンス、残り二つは畳の上に箱で重ねられていた祖母の遺品の着物の山でした。

母が倒れてもう着られないにも関わらず、ほぼ見て見ぬふりをしていましたが・・・・。
ある時母が整理したいというので、2日にかけて大ナタを振るいました。

私が箱から着物をだして母が見てどうするかを決める・・・の繰り返しなのですが、

・新品または、きれいなもの→東北へ寄付
・少しでも汚れているもの、古すぎる柄→古布で捨てる

結構痛んだりカビたりしているものもあり、その場合
「高いのよこれ~」と母が言っても、
祖母(民謡が趣味)が十分楽しんで着たから着物もご満足! と私がバッサリ切ったのでした。
汚れているものを寄付されるほど、嫌なものはないもんね~。

で、残ったのは和ダンスに収納。
・母の喪服(冬・夏)
・母の喪服(白)・・・お棺にいれて欲しいもの
・黒留袖
・大島紬・結城紬
・父方の祖母の形見の帯

どうせ着られないから全部捨てる・・というのは絶対にご法度でござる。

着物にうとい私でもわかるように、それぞれの引き出しにリストをメモして入れて終了。
祖母も自分が亡くなったときに着せて欲しい着物を風呂敷にまとめてあったそうですが、
母もあらかじめ用意していたので、これを葬儀場に持っていくことになるのでした。

こうして畳の上の山二つが消えて、父がちょっとご機嫌になったのが着物整理の第1回目。
なお、数日後、母曰く
「お母さんが夢の中に出てきて、嬉しそうだった。新しい服を買いに行こうっていうから2人ででかけた」
のだそうで、母の胸のつかえも取れたとみえた。

昔仙台に住んでいたことがあり、まだ母の友人もいるので、
東北に寄付→役に立つ、というのがとても良かったらしく、
当時ヘルパーさん達にも勧めまくっていました。


*********************************
東北への着物の寄付は、こちらのNPOさんに発払宅配便で送りました。

●きもの支援センター 021-0054 岩手県‎ 一関市山目字境 57ー5 石森 治様 TEL:0191 25 5616
http://npo-kimono.jp/?cat=12

*********************************

それにしても、着物の山をみて思ったんですけれど、
祖母よ、この着物たちを買うお金で田舎の中古マンションのひとつでも買えたのでは・・・・ぶるぶる。
でも武道館の民謡大会で楽しそうに歌っていたのを思い出すにつれ、
祖母にとっては着物を買うほうが良かったんでしょうなあ。
[PR]
# by rin_oz | 2015-07-26 17:24 | CAREGIVING