f0051387_1954880.png初めて東京モーターショウに行ってきました。
なんだか連日ニュースで取り上げられていて、今年は楽しそう・・・・。
平日だから少し空いているんじゃない?とメ氏休みに二人で国際展示場に行きましたが、すごい人出でした。
私は生まれてはじめてバイクにまたがりましたが、その写真はファイルが壊れていてなぜか残っていません。なんでやねん。

驚いたのは人ごみのなかで、いつも切ってもらっている美容師さんに声をかけられたこと。
よく顔を覚えているな~と、メ氏とともに感心。

これを書いているのは年明けですが、年末に髪を切りに行ったら、怒涛のように車の話が・・。
メ氏といい、美容師さんといい、40代男はやっぱり車がスキ! ですな。
ちなみにこの美容師さんは、年代同じくらい、母が要介護、こどもいない夫婦、と共通点が多い。
つい他のところに行けずにおるとですよ。

f0051387_1955175.jpg



話はそれたけれど、モーターショウで一番見たかったのは、ホンダのS660コンセプト。人気もあって混んでいました。
軽でこの遊び心、唯一乗ってみたい!欲しいと思う車でござるよ。
親も荷物も載せられない、完全自分たちのためのエンタ車・・・・ううーん・・・・。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-27 19:03 | LIFE

ラスト辻堂

f0051387_16541564.png
再びテラスモール。
1Fの外はロン・ハーマンとかACTUSとか、マークイズとあんまり変わらん・・・と思っていたのですが!
中に入ってみたら、ロフト・無印・友隣堂があってちょっと長居してしもうた・・・。
最後に、朝、どーんと大きな富士山が見られて、嬉しかったですな。ええとこでした。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-24 19:50 | LIFE

久々のネタ

昨日、お客先でしゃがんで寸法を測っていたメ氏。
お尻付近でビリっと音がしたそうな。
スーツのおケツを破いた前科があるので、またか!と青ざめながら表参道を駅までダッシュし、お手洗いで確認したところ・・・・
ズボンじゃなくてその下のステテコのお尻がビリーっといっちゃってた。

私  「デブ・・・?」
メ氏 「布地の経年劣化だから!」

と脱いだら、ステテコ、後前反対でした・・・
そりゃ深くかがんだら破けるだろうね。
そういえばなんか窓がないと思ったんだよね~   だ、そうです。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-11 16:01 | LIFE

テラスモール

f0051387_14573326.jpg辻堂はテラスモールの正面玄関です。早くも暮れを感じさせるイルミネーション。
節電はどこにいっちゃったのかなあ・・・と思いつつもキレイなのでパチリ。








来日中で話題のこの人のクリスマスソングは好きだす!
[PR]
by rin_oz | 2013-11-09 14:46 | LIFE

f0051387_18384080.jpg

2泊3日の間じゅうお天気がどんより、小雨がぱらっとしていたのですが・・・。
折角なので、2日目はポーラ美術館に行きました。
美術館はバリアフリーが進んでいるので、車椅子でいくには持ってこいのところ。
ホテルに比べて、職員の皆さんも対応になれているので、安心できます。
割引もあるので活用してください。

芦ノ湖畔から車で仙石原を抜けていきます。
ススキが見られてちょうどいい。
美術館の駐車場でガードマンさんに車椅子であることを告げると、
バリアフリーエリアのカラーコーンをよけて案内してくれました。
フラット状態で美術館に入り、エレベータで移動することができます。

印象派を堪能・・・、そしてロビーにカフェがあるので、ケーキプレートでランチ代わり。
ここでもマロン☆ 秋ですなあ。

バリアフリートイレがキレイなので、美術館は安心して滞在できます。
飲む、食べるもゆったりできます。
(とにかく問題はいつだってトイレなのです。)

ミュージアムショップも充実しているので、
お世話になっているヘルパーさん達へのお土産もここでGET。

3日目、チェックアウト後は、ターンパイクを通って湯本から海老名経由で東名→保土ヶ谷バイパス→横横道路で帰宅。
ターンパイクでは、ものすごい霧がでてあたりが真っ白になり、
未経験のことゆえ母もプチパニック。
私も軽くびびっているのに、なだめながら運転するのに、骨が折れました・・・。



f0051387_18481484.jpg

ちなみに前回母とでレディースプランで山のホテルに泊まったのは、2005年11月。
10年前・・・・まだ私は独身だった。(書いているのは2015年9月です)
母は元気で、成川美術館に寄って、芦ノ湖畔のデザートサロン「サロン・ド・テ・ロザージュ」で、
ケーキをガツっと食べました。

今回は、朝夕のゴージャスご飯を堪能するためにデザートサロンはパス、
成川美術館はバリアフリーが今一つなのでやめました。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-08 18:27 | CAREGIVING

f0051387_1746717.png
バリアフリーについては、ぶーぶー言ってしまいましたが、
それでも「また泊まりたいね!」と二人して唸ってしまったのは、食事が美味しいから~~~。

温泉付き和洋室に宿泊すると、朝・夕食ともお部屋に運んでもらえます。

初日はフレンチ。デザートにお祝いメッセージを入れてもらいました。

どの皿も美味しすぎる。私が母の皿の野菜を切り分けているのを見て、次の皿から一口に切ったものが出されました。

思い返すと、抗がん剤治療の後のこのころの母は、高次脳機能障害については殆ど生活に支障をきたすことがなくなっていました。
中国語も殆ど忘れてしまって、全く頭に入ってこないと言っていたのが、ラジオ講座を聞いて思い出してはなんだかいろいろ言っていたし・・。

リハビリ教室ではよく、3年たてばね~ と言われていましたが、確かに元のようにとはいかなくても戻ってくることは色々あったようです。諦めることはないっす。
f0051387_17461327.png

話はそれましたが、2日目は和食。
秋の味覚満載で、まつたけや栗おこわなどもあり、至福!

天気の悪さも吹っ飛ばす美味しさ☆
美味しいものをちょっとずついろいろ、の醍醐味を味わいました。

お祝いなので、食事が美味しいのがまず第一。
部屋もお洒落でいごこちいいし、ずっとこもっていてもいいくらいですよ。

あまりにゴージャスだったので、グルメな父はもとより、他の家族には内緒・・・・にしていたのだが、もう時効だからいいでしょう。
書きました。

車椅子だって美味しい旅を!

正直一人で介助&ドライバーは骨が折れるので、家族で行くのがおススメ。
このお部屋は4人泊まれます。


f0051387_1843410.jpg

朝ごはんはこんな感じで運ばれてきます。
もちろんうまっし!和洋選べるのですが、洋の方を撮るのを忘れたらしく、どこにも写真がありません。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-08 18:14 | CAREGIVING

時々バリアフリー関連で検索して読んでいただいているにもかかわらず、
なかなかまとめができないまま月日が流れていく~。

バリアフリーの旅、最後は2013年10月下旬に行った箱根、山のホテルです。
(書いているのは、2015/9/8です)

事情があり夏の母の誕生日に70歳のお祝いが出来なかったので、
私と2人で秋の箱根に行くことに。
昔2人で泊まったことがある、小田急山のホテルがバリアフリールームを作ったとのことで、
いってみることにしました。

温泉付き和洋室、2泊。
はっきり言って、車椅子で快適な旅をしようと思うとお金がかかるんですな。
でも私一人でドライバー兼ヘルパーをするので、人件費だと思って宿泊費にお金をかけてもいいだろう!
高すぎて怒られそうなので、父には少し少なめの宿泊費を言って出してもらい、
足りない分は母自ら(笑)、交通費・遊興費はワタシが出すという合わせ技で行ってきました。
(どこがお祝いなんだか・・・)

f0051387_1652940.png


和洋室の和部分は、私が足をのばすくらいで母は全く使えないのですが、
お風呂の使い勝手を考えてこの部屋を選択。
2泊した感想は、
「常連のお客様で足腰が少々弱ったかたのためにリフォームしてみました」
という感じでした。
富士レークホテルの完璧で使いやすいバリアフリーとは、ちょっと比べられない。

f0051387_16521760.png



<良いところ>
・ダイニングテーブルがあり、ゆっくり部屋食が楽しめる。
・部屋の入り口から居室までのスロープスペースが広い。手摺もある。
・居室も広く、車椅子でゆうゆう移動できる。
・トイレは便器の両側に手摺がある点はマル。
 (しかし引き戸ではなく奥行きが広いのに横手摺がないため、
  片マヒの人がドアを自分で閉めることができない。)
  ←普通の使い方が出来ないのは本人にはストレスなのです・・・

・浴室がかけ流しの温泉。シャワーチェアとバスチェアがある。入り口がフラットで車椅子で入れる
・部屋にいるだけでも寛げる。
・食事が美味しいー!

f0051387_16522437.png


<今一つなところ>
・バーコーナーの反対の壁に横手摺があると、お年寄りが夜歩く時も安心だが、ついていない。
・ベッドサイドにつかまるものが何もない。サイドテーブルもないので、
 老眼鏡を置く場所も、水を置く場所も、つかまりだちするものもない。イスを代わりに使った。
・浴槽と洗い場の境目に排水の溝があり、シャワーチェアをギリギリまで浴槽のふちにつけることができない。
 かといって手摺間の距離が遠すぎて、立ちあがることができない。
 
 車椅子でカランの前までいき、シャワーチェアに移ってもらう→座って身体を洗う→カランのところの手摺をもって立ってもらう→シャワーチェアを浴槽のふちぎりぎりまで寄せる→がっぷり四つの体制でシャワーチェアまで支えながら移動→チェアと浴槽の隙間を私の太ももで埋めて、片足ずつずらしながら浴槽に入ってもらう
(手摺が丁度いいところにないので、私をつかんでもらう)→バスチェアに座っていい湯だなを堪能。出るときはその逆。

 ゆったり温泉のはずが、結構しんどいことに・・・・。
 でも浴槽に入っているときは手摺をつかめるので、ひとりでのんびりしてもらえる。


という感じで、バリアフリーも見た目とお洒落優先なので今一つ機能的ではないのが残念。
2年弱たって使いやすくなっているとよいのですが、
あんまりそういうお客さんは泊まらないのかもね。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-08 17:31 | CAREGIVING

殿中

f0051387_16295036.jpgものすごく久しぶりにIちゃんとS子さんに会う。
来月はもうあの季節だね・・・っていうからクリスマスかと思いきや、そんな訳ない。
あの季節とは、各々方・・・の季節です。
というわけで、松の大廊下跡。
運動不足解消に歩こう!と、日比谷公園から東御苑を小2時間ほど散歩しました。

し、しんどいようー。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-04 16:28 | LIFE

f0051387_1041259.jpg横浜音祭り2013 のイベントの一つ、熱帯JAZZ楽団のライブにおひとり様GO! (メ氏は入間基地へブルーインパルスを見に行きました)

前から9列目でちょうどいい感じ。観客は子供からお年寄りまで多様ですが、主に(ワタシも含めて)中高年が多いです・・・。for Next Generation なのに、招待した小中学生は2階席だなんて。
1階の中央でドーン!と迫力ある音を聴いてもらったらよいのに・・・と思いましたな。

で、熱帯JAZZ楽団。CDで聞いたことはあったけれど、生音は初めて。スーパープロ集団だけあって、質の高さとパワフルさは半端ないです。
何が凄いって、もう楽しすぎて・・・この生まれた時から仏頂面の私でさえ、顔がエヘ~ってゆるんじゃうこと。
ラテンのリズムはすごいなあ、無条件になんだかもう「人生って楽しい!」ハイ状態になります・・・。
カルロス菅野とおじさんたち、超かっけー!

おひとり様の良いところは「立つ?どうする?」うーん、まごまご・・・という相談をする必要もなく、ダンスタイムになったら立ちあがれることです・・・。端っこ席なので座ってる人の迷惑にもならないし。

アンコール2曲は、笹下中学校の卒業生を中心とした”みなとみらいスーパービッグバンド”とのコラボ。この女子高生達がまたスーパー巧いのにびっくりしやした。
おじさんたちと(娘くらいの年の?)女子高生たちがパワフルに演奏しちゃってるのって、イカす。
ラストは大好きなEW&Fの「セプテンバー」で(これはお決まりなのかな)、もう大満足でございました。あー、ビッグバンドはやっぱりいいな。ラテンは元気でるな~。

そして、2曲とび跳ねただけなのに終わった直後に右膝に痛みが走って、自分の衰えに衝撃。とほほ・・・ 
興奮冷めやらず汗だくで帰宅・・。
入間からぐったり疲れて帰ってきたメ氏にハイテンションで喋りまくり、迷惑もかけました。す・ま・ぬー、ははは。


[PR]
by rin_oz | 2013-11-03 23:02 | MUSIC

TVKで金曜1:00amから放送中の「西遊記外伝 モンキーパーマ」。
遅まきながらその存在に気付き、4話目を録画して観ました。人形劇です。
TEAM NACS5人そろって人形の声を担当しています。
あー、ドリフのスーパーモンキー孫悟空を思い出しますなあ。
喫茶店「ゴー・ダイ・ゴー」と聞いただけで、もう、グっときちゃうもんね。

孫悟空はもちろん大泉洋。安田の顕ちゃんは馬です・・・・(顔がいいのに、なして!)
釈迦の声は三宅裕司。
内容は・・・素の5人まるだしで面白い・・。もちろん、時間帯からも分かるでしょうが、
良い子の皆!と呼びかけていても、子供向けではないです。
最近、キー局の番組が皆同じでつまらなくなった分、地方局が集まって製作する番組が密かにオモシロいですぞ。


TVKでは11/25から水曜どうでしょうの新作も放送されるそうで、今年最後の楽しみかも~☆
[PR]
by rin_oz | 2013-11-02 18:52 | LIFE