今週の朝チャリ

f0051387_1421520.jpgf0051387_1421943.jpg
f0051387_14211195.jpgf0051387_14211486.jpgf0051387_14211866.jpg
f0051387_14212138.jpgf0051387_1421245.jpg


今年もまた北の部屋の室温が下がるとともに、パソコンがネットにつながらなくなりました・・・。
時々、気まぐれに復活して、またダメになる。

■Bicycle Race (Queen)
[PR]
by rin_oz | 2011-11-30 14:19 | SPORTS

先生はいま・・・

ヨガのsatoko先生は今、メキシコを旅している。
旅する鈴木」で、ダンナさまの撮った映像が見られます。
ブログをクリックすると、ビーチでも遺跡の前でもヨガをやっている先生・・・さすがだ。

で、私はめっきりヨガをさぼって、突然体がたるみました。
サボったせいというよりも、多分加齢と運動不足で代謝がドーンと落ちた感じが。
今までと違う、中年の体型とはこれか・・・・と嬉しくない実感。

Gパンがきつい。なんとかしなくては。
[PR]
by rin_oz | 2011-11-21 16:28 | BODY

河口湖の紅葉

f0051387_1523493.jpgf0051387_15231151.jpg
f0051387_15231411.jpgf0051387_15231675.jpg部屋の窓から河口湖、6Fの富士山ビュールームから見る富士山。
朝ははっきり見えて美しいです。
f0051387_15231980.jpgf0051387_15225476.jpg連日、河口湖を一周して紅葉と富士山を堪能。
富士の裾野が美しいですな。
紅葉まつりの会場は、テントのお店も沢山でており人が多いです。
気温がぐっと下がったので、私たちは車中から堪能しました。
f0051387_15232264.jpgf0051387_15232473.jpg
f0051387_15232662.jpg
富士五湖道路の入り口でパチリ。
高速は空いていたので、2時間で帰ってきました。
ちと飛ばしすぎた。


ちょっと困ったのは、SAの車椅子専用駐車スペース。
全て埋まっているので、仕方なく大型車用車椅子スペースにちんまりとマーチを止めて、
車椅子を出したら、ワンボックスカーが一般エリアにコソコソとバックしていくではないか・・・。
そして空いたところにBMWのオープンカーがズイっと入ってきた。ドライバー降りてタバコ吸うだけ・・・。
貴様らー、いつか体が不自由になったときに思い知るがいい。
と軽く呪っておきました。ウフフ。


■Funk FUjiyama (米米club)
[PR]
by rin_oz | 2011-11-16 15:22 | TRAVEL

年に一度の、母のバリアフリーの旅が今年もやってまいりました。
去年よりもちょっとだけ距離を伸ばして、紅葉祭り真っ最中の河口湖へ。
この距離が私が運転できる限界ではないかと・・・。

宿泊は歴史ある富士レークホテルです。お部屋に温泉つきの”湯らっくす”にしました。
このホテルのバリアフリーは本当に行き届いていて、不自由しません。
メ氏の会社の福利厚生で予約をしたのですが、翌日電話がかかってきて、バリアフリーについての細かい要望を確認してくれました。
他のホテルのように色々説明しなくてもすぐ話が通じるので、嬉しいっていうかラクっていうか。
車椅子とシャワーチェア、お風呂の補助手摺のレンタルなどを事前にお願いし、
お手洗いは左側にL字手摺がある間取りを希望しました。(反転した間取りもあり)

f0051387_11352154.jpgf0051387_11352870.jpg入り口にはスロープをつけてくれています。入ってすぐはお茶スペース。
広く、車椅子で回転できます。
ミネラルウォーターと梅酒はサービス。ほうじ茶と緑茶とコーヒーも入れられます。
可愛い缶に入ってて小洒落てる。
湯飲みも2種類あり、個人的にこのお茶スペース、LOVE!
f0051387_11392365.jpgf0051387_1139295.jpg部屋全体はフルフラットで、床暖房がついています。
琉球畳の和室の机は、テーブルとイスに代えてもらいました。
ウェルカムゆず茶と食事は夕食・朝食ともここで。ラク~。
(食事は富士山ビューのレストランで食べることもできます)
f0051387_11434060.jpgf0051387_11461780.jpgPTの先生に肩甲骨の筋肉が硬いのでほぐして、と言われたので、マッサージチェアつきの”湯らっくす”にしました。
温泉に入ってからマッサージすると極楽極楽・・・。
洗面所は、向かって右側がお手洗い、左側がお風呂です。
f0051387_11475385.jpgf0051387_11475944.jpgf0051387_1148359.jpg
洗面所も床暖房があり。
お手洗いもスライドドアで、移動のための手摺と、L字バー、跳ね上げ式の手摺が便器の左右にあります。文句なし。
f0051387_11512152.jpgf0051387_1151268.jpgお風呂はインドア露天の温泉です。入り口はスライドドアで大きく開口し、車椅子で洗い場まで入れます。
バスタオルの予備も2枚あるので、車椅子や洗面のイスに敷いて使えてありがたい。
バスマットの下に敷く滑り止めシートもあります。いやもう至れり尽くせり。
f0051387_11513346.jpgf0051387_11513637.jpg床は木、湯船の底は石なので、裸足でも滑りませぬ。

湯船のふちに補助手摺をつけてもらったので、手摺から手摺へつたってシャワーから湯船まで移動できます。
窓の格子も、湯船からあがる際の手摺代わりになります。
f0051387_11514037.jpgf0051387_11514256.jpg鏡の右側にも立ちあがるために掴む手摺があり、これがとてもgood。
アメニティはお風呂場のシャンプーリンス・ボディシャンプーのほかに、資生堂の化粧水・乳液・クレンジングがあり、持って行く必要がなかった・・・。
f0051387_11541357.jpgf0051387_12122557.jpgf0051387_1212831.jpg
温泉はナトリウムやカルシウムなどの混合泉で、体が温まりなかなか冷めません。冷え性によい・・。
最後に、クローゼット。真ん中のバーを引っ張ると、手前に降りてきて車椅子からでも掛けることができます。初めて観ました。

というわけで、文句なしに使いやすいバリアフリーっぷりでした。

旅行の度に、ブログを検索して写真を探したり、ホテルに電話したりして
バストイレの手摺の場所や段差を確認しなきゃならないのですが、
このホテルはHPに詳細写真が出ているので、部屋も選びやすいんですな~。
ま、それでもさらに参考になるかもしれないので写真を載せてみました。

ホテルのサービスもとてもよいです。極楽ステイ。

肝心の富士山写真は、次回。

■ Just A Gigolo (David Lee Roth) 1985
[PR]
by rin_oz | 2011-11-15 11:27 | CAREGIVING

f0051387_1719525.jpgf0051387_1720944.jpgf0051387_17201452.jpg
f0051387_17201869.jpgf0051387_1720202.jpgf0051387_17202439.jpg
vonさんとAちゃんと両国で待ち合わせて、水上バスに乗りました。
両国から浅草を回って越中島で引き返してまた両国へ。一周500円の隅田川めぐり。
暖かい日だったので、ずっと2階にいました。結構橋ギリギリのところを行くので、スリルありつつ楽しいです。
f0051387_17202677.jpgf0051387_17202811.jpg
陸に上がって国技館の隣にある江戸東京博物館へ。
憧れ?の纏持ちも体験できます。こんな重いものを持ってどうやって火事場へ駆けつけるのでしょうな。
展示は楽しいのだけれど、広すぎて途中で疲れて投げやりに・・・常設展だけのチケットにして正解。
f0051387_1750181.jpgf0051387_17203311.jpgf0051387_17203823.jpg
勝海舟生誕の地(公園になっちゃって・・碑のみ)と吉良邸跡にも寄りました。
12月はXmasより義士祭なんていう人はIちゃんとメ氏くらいかと思いきや、Aちゃんも忠臣蔵好き。意外!
f0051387_17204359.jpg
メ氏はミュージアムショップで蒔絵シールの葵の御紋を買って、
真っ黒い会社携帯にペタリ。
印籠っぽい・・・・。

なお、私のパーマはあっというまにとれつつあります。
痛んでいるから1ヶ月持つかどうか・・・と言われましたが、
ちょっと早すぎないかー。


■Stuck With You (Huey Lewis & The News )
[PR]
by rin_oz | 2011-11-13 10:53 | LIFE

失敗

パーマをかけて失敗しました。
出かけたくない・・・・。

■Englishman In New York (Sting)1987
[PR]
by rin_oz | 2011-11-11 16:36 | BODY

ER

f0051387_18422083.jpgBSのwowwowプライムで平日18:00~「ER緊急救命室」を無料放送していますね。
先週で第1シーズンが終わり、明日からは第2シーズンが始まります。
確か第1シーズンは95年、遠い昔ですなあ・・・。
グリーン先生&ロス先生にはまり、毎週観ていましたワタクシ。そうなんといってもこれは、ジョージ・クルーニーの出世作なのです。

そしてERといえばカーター君。
いやいや・・・今年の初めごろに最終シーズンの放送で、久しぶりにカーター君を見ましたが、老けた。
初期のカーター君は若い、ピチピチつるつるで、そして青い・・・・。
ノア・ワイリーはカーター君以外になにかやっているのだろうか、と思うくらい役のイメージがついてしまいました。

ワタクシがしょうもないホームページを作り始めた最初の内容も、ERと金城武です。懐かしい。
しかし第6シーズンくらいでちょっと飽きて、第13シーズンでまた見始めました。
最後は、モリスが好きでしたねえ。
最初アホっぽかったのにすっかり成長して。
というわけでまた毎回録画してさっくりみていますが、今見てもやっぱり面白い。
やはり第1シーズンがベストかなあ。衝撃的だったし新鮮だし。

どこまで無料放送するのでしょうか。
あの西と東で2回やった生放送の回とか、また観たいですなあ。

ER original thema
[PR]
by rin_oz | 2011-11-06 18:47 | LIFE