<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ユニクロ 朝駆け

ユニクロの創業感謝祭が今日から始まりましたな。
ヒートテックが1500円→990円ディスカウントだもん、欲しい人は今日買うよね。
そして、色・サイズ在庫が一気になくなる・・・去年もそうだった・・・。

というわけで、前々から欲しいものがあるゆえ、今年は買いに行きました。
ユニクロに踊らされているー、と思いつつも上○岡店に、朝6時に。
混雑する店内を泳ぎながら、あらかじめリストアップしておいたもののみを、
メ氏の!母の!自分の!と速攻ピックアップ→レジして、6時半には帰宅。
メ氏が起きる前に、全ては終わりました。イエイ。

開店時間が早すぎる!と思ったけれど、朝飯前に一仕事終わっていいかも知れない。
(でもゆっくり行ってもダイジョーブだったような気がする)
[PR]
by rin_oz | 2010-11-20 18:03 | LIFE

TDLのかほり

f0051387_1743441.jpg弟ファミリーからTDLハロウィンのおみやげをもらいました。蟻が十。
マイ・ダッフィです。ペアのシェリーメイというのを甥っ子が持っていて、お揃だそうです。わーい。いや、甥っ子は別におばちゃんとお揃でもうれしくないと思いますが、おばちゃんは嬉しいです。

いいですなーTDL。
ミッキー嫌いのメ氏は、キャプテンEOだけ見たい!などと言っていますが、夜チケにしてもそのためだけに3100円は払えません・・・。なにせミッキーを避けて歩くので、パレードも見られないんですからのう。ありえん。
[PR]
by rin_oz | 2010-11-19 17:44 | LIFE

琉球王朝にワープ・・

f0051387_17472328.jpg図書館で借りてきた「テンペスト 上・下」(池上永一)を読みました。
1冊420頁くらいあったので、まあとりあえず30分くらい読むかな、と開いたらそのままダーッと時間を忘れて読みふけってしまい、晩御飯の用意もせずに気がついたら夜の九時半・・・。ヒエー、ワタシ、どこに行ってたのうー。
そこへメ氏からカエルコールがきて顔面蒼白になったのですが、とにかくこの本は面白いです・・・。
時は琉球王朝末期、美しき天才主人公・真鶴が男装し宦官のふりをして官吏となり国難を次々に解決、しかし降りかかる災難により八重山へ島流しとなったのち、今度は王の側室となって王宮へ戻ってくる・・・・ザ・琉球歴史エンターテイメント。というわけで、純粋歴史小説ではなく超娯楽歴史ファンタジーです。でも琉球の事象は史実にのっとっているので、王朝末期がとっても分かりやすく頭に入ってきます(ペリーの黒船もくるよ)。 文体が軽いのでスイスイと読めてしまう。そこが曲者なんですなあ。
読みながら、頭の中に王宮や登場人物がビジュアルで浮かんで動くので、時を忘れて入り込んでしまう・・・・ような気がする。裏表紙の挿絵がまたキレイで、そこから想像(妄想?)が広がるのうー。
読み終わると、アレ?ワタシ今琉球王朝に行ってた?(←おいおい)感覚でしばしボーっとします(笑)。

呆れたメ氏が営業車でワタシを拾って、沖縄そばやさんに連れて行ってくれました・・・。
沖縄民謡を聴きながら沖そばを食べたので、ん?ここはどこだっけねえ。



生活に支障をきたすので、翌日下巻も4時間かけて読破し図書館に返却しました(笑)。

ちなみに、ツッコミどころも満載な小説なので、ダメな人はダメだと思われます。
いくらなんでも王様は、真鶴が男装して家臣として現れても自分の妻だって気がつくだろう・・・ とか、いくらなんでも真鶴の子供は、母(真鶴)が男装して家庭教師として現れたら、気がつくだろう・・・ とか。
でもそこらへんを差し引いても面白いの。
[PR]
by rin_oz | 2010-11-19 16:45 | BOOK

札幌の旅つづき

f0051387_12572375.jpgf0051387_1257302.jpgf0051387_12522498.jpg
f0051387_1252332.jpg三日目の朝、目が覚めて昨日買った六花亭のお土産がないことに気がつきました。そういえば、札幌に戻ったときにはもう持ってなかったね・・・。電車の網棚の上に忘れてきました。駅で調べてもらいましたが、お届けなし。うう・・・今頃どなたかさんが美味しく食べてらっしゃるんでしょうかね・・・(涙)。
さて、気を取り直して北大構内へ。今日も雨、ますます気温も下がってます。南門から延々あるいて銀杏並木へ。葉っぱは殆ど落ちていますが、黄色いじゅうたんが美しい。
ポプラ並木は、随分しょぼくなってしまっていました。数年前に台風で数本倒れたとか。
それにしても北大は広い。いいねえ。広場に、ジンギスカンの残りの炭をすてる入れ物があって、面白いっス・・・。構内でジンギスカン、普通にオッケーなんですなあ・・・。こういうところで藤村Dみたいなおおらかな人物が育っていくんでしょうかなあ。

f0051387_1258720.jpgf0051387_2251369.jpg f0051387_12533917.jpg
今日は地下鉄・バス・市電共通1日券(1000円)を買って、羊が丘展望台へ。雨が止んで山のほうは晴れてきましたが、恐ろしく寒い!クラークさんの前は吹きっさらしです。うひゅー。
像の近くに足湯があるのですが、タイツを着込んでいるので入れない・・・しまった。
すすきのまで戻って、ラーメン横丁「天鳳」で味噌ラーメンを。おろししょうがが入っていて、崩しながら食べるのだそうです。しょうがの辛味でとんこつスープが食べやすく、また身体が温まる・・・美味しいです。あとはちょこっと市電に乗って、空港へ。
最後に見た札幌駅前の気温は、4℃でした。(それなのに横浜の今日は20℃って・・・)

ラストは、ポールタウンで買った「どうでしょう名言ステッカー」です・・・。もうすぐ録画DVDがコンプリートを迎えるので、記念に一枚一枚DVDケースに貼ってやるう。
f0051387_12561810.jpgf0051387_12562783.jpgf0051387_12563594.jpg

旅行前は新しい薬が身体にあわず、どんよりしていたワタシですが、旅行後はなんだか元気です。いいリフレッシュになったか、チョコチョコ飲んだガラナ(北海道限定)が効いたか(笑)?
[PR]
by rin_oz | 2010-11-11 12:51 | TRAVEL

小樽の旅

二日目、朝からまた雨なうえに気温がグッと下がってしばれます。
JRで小樽に向かう途中、窓からいきなり北の海が現れる。荒れてます。
いやー、サブちゃんの海だねえ(意味不明)とかいいながら、小樽に到着。寒風吹きすさんでる・・・うう。
運河へ近づくほどどんどん寒く雨がひどくなり、小樽と勝負しているような気になります。
と、とにかく暖かいコーヒー・・・を求めてメルヘン交差点付近へ。
それにしても中国人の団体客が多い多い。どこも同じですね。
f0051387_124642.jpgf0051387_1241679.jpgf0051387_1242528.jpgf0051387_1243216.jpg
f0051387_1244190.jpgf0051387_1244993.jpgf0051387_125194.jpg
六花亭のショップを見つけ、喜んで転がり入る。1Fはショップ、2Fは喫茶風でシュークリーム(¥80)やクッキー(雪こんチーズ。たしか¥180)を買うとコーヒーをサービスしてくれます。うう、温まる・・・。仕事電に勤しむメ氏を残し、1Fのショップでお土産買い。空港にはない袋入りのストロベリーチョコや、ケース入りの六花のつゆがあり、喜んで買い込む。
このときは幸せでした・・・。
f0051387_1251490.jpgf0051387_1252644.jpgf0051387_1254042.jpg
少し元気がでたところで、オルゴールや北一ガラスなどをひやかしながら小樽駅方面へ戻る。古い建物が結構残っているんですなあ。
しかし、寒い。気温がどんどん下がっていくにつれ、私たちというか特にメ氏のヒットポイントが下がっていき、ついにギブ一歩手前で駅に到着。札幌に戻ります・・・。f0051387_1255243.jpgf0051387_12636.jpgf0051387_1265327.jpg
f0051387_127193.jpgホテルの近くにある紀伊国屋札幌本店は巨大店舗。しかもイノダコーヒーが入っています。ステキー、というわけで入店。
暖かいうえに本が沢山・・・天国ですな。1時間半ほどいて、メ氏はすっかり気力回復。嬉しそうに買った本達を抱えて集合場所へ戻ってきました。ビバ!紀伊国屋。

元気が出たところで、晩御飯はジンギスカーン。がっつり堪能しました。ふう・・・。
[PR]
by rin_oz | 2010-11-10 12:02 | TRAVEL

札幌の旅

f0051387_2254866.jpg期限の切れた代休が買い取られ、さらに余りある代休の取得命令が下ったメ氏。「飛行機に乗りたい・・・」という働きバチの願いをかなえるべく、激安ツアーを探しさらに宿泊補助を申請して、超激安の旅を準備しました。行き先はワタクシ20年ぶり、メ氏1x年ぶりの札幌。

飛行機は、前日終電帰りのメ氏が爆睡しているあいだに、無情にもあっという間に新千歳到着。ホテルに荷物を置いて、近場の道庁からてくてく観光スタートしました。雨ですが、思いがけず紅葉が遅れている札幌、見ごろです・・・・。
f0051387_10421710.jpgf0051387_10423532.jpgf0051387_10424752.jpg
f0051387_10443198.jpgf0051387_10441177.jpg地下鉄の1日乗車券(800円)を買って南北線に乗り、すすきの「赤レンガ」でみそラーメンを食し暖を取ってからまた地下鉄で南平岸駅へ。そう、「水曜どうでしょう」の聖地・北海道テレビ(HTB)です。ビルの屋上にONちゃんが!建物に入ると水曜どうでしょうの遺品(?)やグッズが少しあったり、どうファンのしたためたノートなどがおかれています。でも受付のお姉さんが見守るなか、40夫婦がハジけるわけにも往かず、スタンプだけ押して大人しく隣の高台公園へ。ここはどうでしょうの前枠・後枠の撮影に使われていた場所ですが、またまた紅葉が美しい。この芝生の坂を大泉さんやミスターが、ソリですべったり、踊ったり体操したりしていたわけですね。
f0051387_1044204.jpgf0051387_10444823.jpgf0051387_1044583.jpg
さらに地下鉄で中島公園へ移動。ここも紅葉がキレイですよう。しかし豊平館が定休日で寂しくすすきのに戻る。
f0051387_10452789.jpgf0051387_1045402.jpgf0051387_10455287.jpg
f0051387_10485100.jpgf0051387_10481872.jpg(左)ポールタウンにあるHTBのアンテナショップ、どうグッズが沢山あります。再放映されなかった「十勝十番勝負」のDVDを買おうかどうしようか迷ったうえ、とりあえずステッカーだけ買って退散。
 (右)地上へ上がって夕暮れの狸小路をぶらぶら。
f0051387_10483093.jpgf0051387_10484175.jpg大通り公園、まだ16時半くらいなのにもうこの暗さです。テレビ塔はなんとこの日から工事中で登れなくなっており、笑顔のステキなお掃除のおばちゃんのおススメにより、JRタワーに登ることにしました。これが当たりで、ちょうど雨も上がって夜景バッチリ。サッポロクラシック樽生を片手に堪能しました。このビールは道内限定ですが、飲みやすくて美味しい。飲めないわたしもついついクーっといけてしまうのが怖い。
f0051387_10485567.jpgf0051387_10494627.jpgf0051387_10492635.jpg
f0051387_1050758.jpgで、すきっ腹ビールで晩御飯がちょっとしか食べられなかったのを幸いに、大丸デパ地下のもりもとでケーキを買い、ホテルでいただきました。うまっ。

余談ですが、最初に駅の観光案内所でフリーペーパーやパンフレットをもらったところ、そこかしこにクーポンがついており、ラーメン・タワーその他入場料金・飲食の殆どが割り引かれ、3日トータルでは結構値引きになりました。嬉しいですなあ。
[PR]
by rin_oz | 2010-11-09 16:35 | TRAVEL

吐く息白し

f0051387_23412867.jpg

すすきのの新ラーメン横丁「赤レンガ」で味噌ラーメンを食べました。
今日の札幌は寒いので、ラーメンが身にしみる・・・。美味し。
スポーツ選手がよく来る店のようで、プロ野球選手の色紙や、4日前に来店したという福原愛ちゃんの色紙が・・・。
[PR]
by rin_oz | 2010-11-09 14:41

ドガ展

今日も用事でMMに行ったら、横浜美術館横では車の検問をしていました。
どんどんものものしくなる警備。もうすぐだもんねAPEC。

午前中に疲労困憊したので、午後は癒されよう・・・と、ドガ展に立ち寄ってみました。
「ぶらぶら美術館」で予習したので、観やすかった。
ビバ・山田五郎。
初期の作品から晩年まで網羅してあって、かなり見ごたえありますぞ。
オルセー美術館も絵から彫刻まで大放出。
しかし、踊り子の絵だけが好きな人には少々物足りないかも?習作が多いし。
いや、「エトワール」を見るだけでも充分価値ありかな。うん。

そういえば記憶をたどると、メトロポリタン美術館には沢山、ドガの踊り子の絵がありました。
本当にリッチな美術館ですなあ。


なぜか一番印象に残ってしまったのは、絵ではなく写真で、
ドガが姪っ子と一緒に写っているもの。
偏屈頑固なドガがブッチョ面で写っていますが、姪っ子は笑顔でドガの横にいます。
いや~、ドガもやっぱり姪っ子にはメロメロだったのかも・・・。


さて、ドガ展のショップでは生キャラメルやらクッキーやらチョコやら、
「エトワール」模様の商品が沢山あって、皆思わず買っちゃってます。
ワタシは1Fのミュージアムショップを見て楽しむのが好きなのですが、
今回はなんとヤマザキマリの「テルマエ・ロマエ」が何故か置いてあり、
見本が読めるようになっていたのでついつい立ち読みしてしまいました。

面白い!

パクス・ロマーナ時代の公衆浴場設計士が日本の銭湯にタイムスリップしてしまい、
ローマに日本風の風呂を取り入れて大人気になる・・・という奇想天外マンガです。賞も取りましたな。
ヤマザキマリのイタリアエッセイマンガ「モーレツ家族」は知っていたのですが、
まさか「テルマエ・ロマエ」をこの人が書いていたとはな~。

ドガを観にいってマンガにはまって帰る・・・。
じゃなくって、月始めから美しい絵画をみることができて、幸先がよいかもしれませぬ。



※何故か置いてあったのではなく、今年5月のポンペイ展とタイアップしていたらしいです。失礼。
[PR]
by rin_oz | 2010-11-01 23:00 | LIFE