ザ・マジックアワー

あちこちの番組で宣伝に勤しんでいる三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」。
こんなに監督自身が宣伝にたつのもズゴイ・・・。
そして三谷幸喜と一緒にいると佐藤浩一がいい感じにユルんで、
とてもカワイらしいのも見逃せないですな。
山本耕史もでてるし、絶対見る!ぞー。(来週公開)

「ザ・マジックアワー」HP
[PR]
by rin_oz | 2008-05-31 13:49 | MOVIE

くくる

f0051387_15585138.jpg「くくる」のたこ焼きって、有名なんでしょうか。
メ氏大阪出張のお土産。
寝る前なので、じゃあ2個くらい食べようかな・・・とつまんだところ、お、おいしい・・・!
6個くらい平らげてしまった。

また買ってきて欲しいのだが、当分大阪出張ないらしいっす。
本人はお弁当で、おかずがたこ焼きっていうのを食べてきたらしい。
ご飯もたこ焼きも炭水化物ですが・・・。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-29 22:53 | FOOD

f0051387_2139393.jpgf0051387_2139449.jpg
いまや出版すればベストセラーの勝間本(勝間和代さんの本)。
新書「お金は銀行に預けるな!」を2度読み、しかも金融が大の苦手なので2度目はメモ取りながら読んでやっと「読んだでー!」を実感している今日び。
金融初心者にもとても分かりやすく書いてあるのだが、私たちはのんびり銀行に預金しているだけでは、将来生活していけなくなるんですよー、もっと勉強して賢く儲けて自分の生活を楽しくラクにしていく方法を勉強して身に着けないといけないのよ!という内容。

「お金儲けが全てではない」という美徳?は一世代前までは通用したかもしれないけど、今は全くナンセンス。金の亡者になる必要はないが、自分たちが仕事や生活をしていくために必要なお金は、自分で稼いで儲けなければならないんだもんね。
とあるFPさんが別の本に書いていることには、金利5~7%だったときに預貯金できて、年金もそこそこもらえる人たちの言うことは聞き流さないと、アドバイスにもならないんだとか。

改めて、金利5%と0.03%で預金の増え方を試算すると、出てきた数字が悲しい・・・。30代前半から20代の人たちが、車を持たず酒のまず貯金にいそしむというのも、分かるよ。っていうかある意味賢い(悲観的でかわいそうという声もあるが、だって現実だもん・・)。30代後半は下手にバブルを経験しているので、その調子で今もつっぱしっていると、年収1000万でも人生2度破綻するそう(子供の進学と退職後)、byプレ○デント。

ちなみに金利判断の基準は国債の利率、定期預金は銀行が低金利でお金を集めて国債を買って利ざやを抜くから、預金者にとっては損してるも同然なのだ・・・ということを初めてこの本で知りましたよ・・・。
というわけで、この本は投資の実践も詳しく書いてあって、やるにしろやらないにしろとても為になる。分散投資によって賢くお金を増やして、労働賃金だけに頼らずワークライフバランスを実践していけるようにしましょう、ということデス。知識を皆に還元してくれるエエ本ですがな。
出産・転職・引越等もお金に余裕があれば、柔軟に対応できることが多く、諦めることもしなくてよい、受身の人生とサヨナラも可能なわけなのだネ。
(←ここらへんは「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」もあわせて読むとさらにベスト。こちらはしなやかに生きる術をアドバイス。)

全て勝間本のいっていることが正しく、実践すべき!というわけではないのだが、自分の生活をじっくり考えて、プランだてるにとても役に立つ。そして勇気もわく本でもある。内容は濃く、まさに金融リテラシーの入門書ですわ・・・。本来これくらいのことは教養として知っているべきなのだろうなー。トホホ

そうなのだー、お金はないとダメではないけれど、人生に必要な分はあったほうがいい。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-29 21:45 | BOOK

あさりの砂出し

・・・・をするための正しい塩水は

・カップ1の水に小さじ1の塩

だそう。お料理上手さんなら常識かもしれないが、ワタシはいつも海水ってこれくらい~?と適当にやっていて、砂が残っていたこともあった。
昨日正しい塩水に浸して皿でフタをして暗くしたところ、あさりの奴等はリラックスしまくり油断しまくり砂吐きまくりで、「中身ほとんど貝から飛び出てるよ!」というものまで出る始末。すばらしい塩水の比率。
ボンゴレビアンコにしたのだが(初めて作ったよ・・・・)、砂皆無!の美味しいのができやした。これからはこの塩水でバッチリだ。


ちなみにニンニクはvonさんが四国旅行で買ってきてくれた昔ながらのクッサーイウマーイものなので、一片の1/4を使っただけで家中がニンニク臭。残りのかけらを入れた冷蔵庫もニンニク臭。毛穴からも臭いがしそうなくらいすごいが、味もよかった。
土佐のカツオのタタキがお土産の本体で、にんにくはおまけなのだが、巨大なのを1こくれたのでなかなかどうして使い甲斐がある・・・。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-26 17:23 | FOOD

鹿男あをによし

f0051387_18324962.jpg
「鹿男あをによし」を1/7くらい読んだところでほったらかしにしていたら、今日は返却日だった。しかも予約してある次の本2冊の用意ができました~メールも来ちゃって、うう、取りに行きたいけど、受付で絶対未返却の本を返せと注意されるであろう・・・それがイヤ。どうせなら完読してから返して誤ろうっと。1日遅れで許してもらおう!それには今日中に読まねば!ブイブイ一気読み2時間半。
序の口のところでほったらかしたので、今ひとつ面白くないなあ~などと思っていたが、イヤイヤ、もう最後まで一気に、しかもなぜかラストでちょっとジーン。

ちなみに、鹿・狐・鼠が太古の昔にヒミコから仰せつかって、60年に一度大ナマズ(地震)を鎮めるための鏡を、鹿の運び番にえらばれた”先生”(@奈良の女子高)が数々のアクシデントに見舞われつつも間一髪で切り抜けて運ぶ、というお話デス。
フジのドラマでは先生は玉木宏(千秋さま)だったが、あー、なるほどイメージぴったり。ちなみに綾瀬はるかはどうもしっくりこないな、と思っていたら、原作にはどこにもいないキャラだった。いらないがな。佐々木蔵之助のほうがあをによしな雰囲気たっぷりなのよー、ナンバー2はこの人でヨカッタのに。

とにかくこの本、現在526人が予約待ちなので、延長しようにもできないのだった・・・読まずに返したらいつ借りられるか分からないし(笑)、ヨカッタ良かった。安堵と軽い疲労。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-23 18:51 | BOOK

あやつられ文楽鑑賞

f0051387_12265554.jpgこれを読み終わったあとに、国立劇場に行って文楽を見てしまうかもしれない。
文楽に対するものすごい愛情と、出し物に対する深い掘り下げと、ゆるゆるミーハー感満載の「文楽ガイドブック」である。三浦しをん・著。ポプラ社のWEBサイトで連載されていたものをまとめた本。

この本で「仮名手本忠臣蔵」の説明を読んでから文楽の「仮名手本・・・」を見たら、すっごく分かりやすいと思う。いや他の演目についても。力いれずにこうやってみると楽しいよ~、という本。文章が一人ツッコミで面白いので、メ氏に読み聞かせして差し上げてみました。ウケてた。

著者はこの本を書いた後、文楽太夫小説「仏果を得ず」を書いたのだが、ああ、これだけ深く文楽を知ってしまったら、書きたくなるわなー。と納得。

ワタシもどうしようもない熱中体質なので、朝起きて布団をたたもうと思った瞬間枕元のこの本を手に取ってしまい、そのまま読み残しの半分を読んでしまった。
はー、面白いなー。と思って本を閉じてハっと気がつき、慌てて布団をたたんで掃除だ。うわーん、通り雨が降る前に終わってよかった。

というわけで、先に図書館で借りていた「鹿男あをによし」が遅々として進まないのを、追い越して読んでしまった。本はやはり、文章の面白さとテンポだね・・・。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-19 12:28 | BOOK

森林公園&本牧山頂公園

土曜日は根岸森林公園。昨日は本牧山頂公園に散歩だ。
なんといっても天気がよかった。
雨が続いて気圧が下がる&湿気が増えると体調が悪くなるワタシ、
さあ、高気圧の間に、太陽にあたって歩くのだ。

f0051387_11584591.jpgf0051387_11585275.jpg

というわけで、まずは
メ氏の得意な散歩コースを一緒に歩ってみた。
地下鉄吉野町駅→中村橋→米軍住宅の横→森林公園→山元町→伊勢佐木長者町駅の5km。坂の高低があるので、もっと歩いたような気がする・・・。
途中、民家の私道、というか住民とネコしか歩かないような道も通っているので、正規のお散歩コースにはあらず。
森林公園での一休みはよいのだが、中村橋から米軍住宅までの坂が長くてたまらん。
また行くか、と言われるとビミョウなコース取りではあった。

変わって本牧山頂公園。
マイカル本牧の陸橋からそのまま公園内へ入る。
広大な米軍住宅跡地を人工的に市民公園にしたところだが、その存在を私は知らなかった。
近所の家族連れや犬愛好家がいっぱいきている。ものすごい高台になっていて、しかも広いのだ。海まで眼下一望。バリアフリーコースもある。トイレも設備は普通だけど公園にしてはキレイだ!ペーパーもあり。
富士山も見えるらしいが、気がつかなかった。
こんな公園があるなら本牧エリアに住んでもいい・・・と思ったが、
どの駅からもバスでしかこれないので、自営か金持ちでないと快適には通勤できん・・。

f0051387_11545917.jpgf0051387_1155410.jpg

子供も犬も走り回る芝生ハラッパーだらけ。ちょうどお昼時で、イスラム系の家族連れ(15人くらい?)は炊飯器までカートに乗せてきていた。スゴイ。
そういえば森林公園にも本牧山頂公園にも、DSで遊ぶ子供は皆無!スバラシイね。
帰りにマイカルのミニストップで、初めてソフトクリームを食べたが、
おおおおーここのところ食べたどのソフトクリームよりも、お・い・し・い!感動した。
f0051387_1159950.jpgf0051387_1159163.jpg
[PR]
by rin_oz | 2008-05-18 12:05 | LIFE

濱珈琲

氷川丸に行ったときに、お昼を食べたのが自治会館1Fにある「濱珈琲」(横浜市中区山下町75)。サ店です。
サラリーマンがお昼食べるようなサ店。新聞やビッグコミックが置いてあるもん。
でも天井が高くて圧迫感がなく、まったり~っとくつろげる。

コーヒーは自家焙煎サイフォン出し、しょうが焼き定食も美味しいのでガツガツ食した。が、ご飯の量がなぜか私のほうがメ氏より少なめだった。何も頼んでいないのになぜ?大食いなのにヒドイわー(笑)。おかげであっという間に食べ終わってしまったわー。

しょうが焼き+ポテトサラダ+ご飯+お味噌汁+コーヒー=890円。安い、しかもおいしい。サ店なのにメニューがいろいろあって迷う!自家製キャラメルのキャラメルマキアートって!次は飲みたいよー。ホントはカフェイン控えなきゃいけないのだが、最近我慢できず外出時のみついつい・・・。

メ氏はビックコミックを読みつつ、私は新聞を広げつつコーヒーを飲んでいたら、ウェイトレスお姉さんが「今さっき届いたんですー」といって最新のビックコミックをメ氏に渡してくれた。ええ~、もっとのんびり読んでっていいってこと~。超くつろぎ。GW中の平日なので客も3テーブルくらしかおらず。いいねえ、ここ。

ちなみにこちらのブログを見て行きたくなったのだ。メニューなども詳しく書いてある。
関内ランチ
[PR]
by rin_oz | 2008-05-08 12:39 | FOOD

スーパーマン

f0051387_17473458.jpgBSで放映された「スーパーマン」3部作を観た。
ちなみに4まであるらしいけど、どうして3までしか放映してくれないのかしら、NHK・・。

一番面白いのが、最初の「スーパーマン」。スーパーマンが成長するまでの前半がこんなに長く描かれていたとは知らなかった。全編丁寧に作られてマス。これが公開されたときは衝撃的だったでしょうよ。
次に「スーパーマンⅡ」、安易な設定と展開にちょっとまったあ!といいたくなる場面が多数あるけれど、許せる範囲で楽しめる。(あっさりクラークがスーパーマンであることがバレる、緑のクリスタルが無造作に落ちていてカンタンにスーパーマンに戻れる、等々・・・)
それが「スーパーマンⅢ」になると、イヤーッこんなのスーパーマンじゃない、という場面と、適当さかげんにガクリ。しかもⅡでスーパーマンの力を捨ててまで愛しているといったロイスをあっさり諦めて(?)、故郷の同級生ラナとラブラブに・・・違うだろう!ちょっとー。

シリーズの回を追うごとにつまらなくなっていった、というのは本当でしたよ・・・。4は見ないことにしよう。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-05 17:50 | MOVIE

日本郵船博物館

f0051387_23175472.jpg・・・・で、「あのころの氷川丸展」が5/6までとのことで、またまたメ氏の希望により、今日は日本郵船博物館にヒロミGO!
HPの優待券を印刷して持っていくと、入館料500円が300円になるのだ!そして郵船博物館の半券を持っていけば氷川丸はタダ!ガーン!行く順番を間違えた。
ちょっと嬉しいサービスは、チケット1枚につきコインを1枚もらえて、teaコーナーでドリンク一杯(紙コップ自販機)が無料なこと。展示を見終わったあとに一休みできてとってもヨイ。郵船、太っ腹!
(↑こんなにお得感にこだわりながらも、最後にミュージアムショップで500円落としてきた。なんなんだ・・・)

で、展示はワンフロアでそう広くはないがみやすくまとまっていて、結構堪能した。日本郵船の成り立ちから現在まで、分かりやすいですたい。船が好きな人はPCデータもとことん見るがいいし、そうでない人は模型や展示をさらっと流せばヨイ。私が好きなのは、船の昔のパンフレットとかメニューとかのイラストやタイポグラフィー。レトロ感がまたオシャレーなのでついショップで一筆箋(300円)を買ってしまった。
博物館の外観もカッコイイ(というか歴史的建造物デス)ので一見の価値あり。場所は海岸通り、神奈川県警のとなりッス。

ついでに図書コーナーで「神戸商船学校75年史」をみつけ、巻末の年表内に曽祖父の名前を発見した。ちょっと嬉しかった。

f0051387_2315253.jpgf0051387_2315115.jpg
f0051387_23154194.jpg
その後雨が止んでいい天気になったので、ポテポテと散歩し大桟橋へ・・・。日本大通り、開港記念館とその前の公園あたり新緑がキモチヨイ。大桟橋では、三宅島方面に行く船さるびあ丸の入港が見られた。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-03 23:07 | LIFE