生クラシックにひたる

友人のコンサートがあるので久々にちょびお洒落をしてみなとみらい小ホールへ。
コンサートは松井明子という先生とその門下の若手ピアニストを中心にバイオリンと声楽がプラスされたグループ。曲目はワタシのような素人にもなじみのあるものが多く、聴きやすい構成だった。ベートベン「月光」、グリーク「ソルベイグの歌」、エルガー「愛の挨拶」、クライスラー「ロンドンデリーの歌」、リスト「ラ・カンパネラ」、ガーシュウィン「ラプソディーイン・ブルー」(←のだめ・・)、リスト「ラコッティ行進曲」・・・などなど、皆さん熱演でとっても楽しかったッス。
f0051387_1149978.jpg友人ちひろはドビュッシーの「映像第1集」から3曲。演奏に深みがあって独特の世界に魅了された。聴いたことない曲だよ~だったのだが、プログラム・ノートに説明されていた曲の内容になるほど~と納得させられる演奏だった。いやー、ピアニストだなあ。表現力豊かで、聴かせるなあ。おまけに相変わらず美しい・・・。フゥ。プログラムは後ろへ行くほど、ドーンと聴かせる構成のようで、最後は4人で八手連弾♪ んー、楽しかった!
いいっすよ、生クラシック。
帰りはランドマークのスタバで余韻を反芻。む、今宵はよい夜ですのう。
[PR]
by rin_oz | 2007-10-31 23:27 | MUSIC

42street

台風20号のため出かける用事がなくなった。
北側の窓と玄関は雨の噴きつける音がスゴイ。
こんな日は家でのんびりが一番ですな。

というわけで、youtubeでトニー賞のオープニング画像を見ていたのだが、2001年(55th)の”42street”がなんともいえず素敵だ。
シアターで踊っている俳優さんたちがブロードウェイから地下鉄に乗ってRadioCity(トニー賞会場)に現れるという、ちょっと凝った作りなのだ。いやー、ショウビズはアメリカにはかなわないね・・・まずなんたってダンサーが美しいしね!
総勢50数名でのタップが大迫力で楽しい。3年前に生で観たのを思い出して反芻しながらみてしまった。

それにしてもこのエキサイトブログ、直接youtube画像を貼り付けられないのがクヤシイ。

55th TONY AWARDS OPENING 42nd STREET
[PR]
by rin_oz | 2007-10-27 16:00 | MUSIC

ガス

東○ガスから点検のお願い葉書を受け取って、しばらく保留して(放って)いたのだが、いいかげんマズイなっと思ってエネ○タに電話してアポをとった。
それからダッシュで台所とお風呂を片付け、他の部屋はドアを閉めて封印し、いつでもどうぞ!状態にしたのだ。
エネ○タのおじさんは15時ちょっと前にやってきた。すごく腰の低い丁寧なおじさんだ。えらいなあ、いくらお客商売とはいえ、ワタシだったらこんなに丁寧にできないよ・・・と思いつつ、「点検って、コンロですか?」と聞くと、「これは点検の機種ではないですね・・・。お風呂の給湯でしょうか。ありますか?」とのこと。

あります。ベランダに・・・・。
というわけで、封印したドアを開けて通ってもらい、洗濯物満開のベランダで点検してもらったのだ。ガックリ。片付けたところは全然関係なかったのか。・・・ガス漏れもなく、問題ナシ。

それとは別にガスもれ警報機がついていないことを指摘された。そうなのだ、前の家にはつけろと言われたのに、なんでここの入居時に何にも言われないんだろ?と思いつつ早1年。忘れていた。まあ、前の家は湯沸かし器使用(←7年前なのに昭和の香り)だったから、ガス中毒危険度が高かったんだろうな。
カタログをもらって、取り付け場所を検討してもらったが、「うーん、ちょっと難しいかも・・・」とのこと。難しかったらつけなくていいのか~し~ら~、薦めておいてなんだよ~ん。ちょっと困ったのでまた保留。
[PR]
by rin_oz | 2007-10-25 15:15 | LIFE

花をいただく

今、ウチが華やいでいる。
昨日実家に行った際に、中学の同級生ち○ろから結婚祝い(だいぶ経っているが、処々の事情でずっと会えなかった)にアートフラワーをいただいたのだ。ち○ろのお母さんの作、師範級の方なので作品はとても美しい(&maybe お高い)。色もはからずもワタシが今凝っているオレンジ、大好きなカラーの花入り、部屋がパっと明るくなって大変GOODなのだ。大事にします~。

ち○ろはピアニストなのだ。今月末のコンサートのチケットも同封してくれた。久々の生クラシック、楽しみだ。
腕前もさることながら、一緒に電車にのると回りの男性が振り返るような美人なので、ドレス姿も楽しみなんだよね~。

f0051387_1693780.jpgf0051387_1694685.jpg


2007-10-31 (水) 【ソロとデュオ名曲の夕べ】
19:00開演 横浜みなとみらいホール(小) 全自由席 2,500円
横浜在住の音楽家を中心としたチャリティーコンサート。
[PR]
by rin_oz | 2007-10-24 16:11 | LIFE

マスカット好きですか

嫌いではないけど、皮と種が面倒・・・。どちらかというと、紫のブドウで種のないのが好き。
というわけで、両方もらったのだが、マスカットだけがいつまでも冷蔵庫に残ってしまった。
メ氏は果物は皮をむいて種を取らないと食べない。一緒に住んでいたおばあちゃんがいつも剥いてくれたそうな。うーん、いつ食べるんだ、これ。

というわけで、ちまちま皮を剥いて種をとって、砂糖をふって白ワインをドバーっとかけてつけこんだ。これをインスタントの聘珍樓の杏仁豆腐にのせて食べてみたら美味しかった。甘い物嫌いのメ氏も杏仁は大好きなので、ガブガブ食べてあっというまに終わってしまった。メ氏はダイエット中、ワタシも3KG太ってビビっているというのに、気がつくと甘いものを食べている。ちょっとヨクナイ・・・でも美味しい。
[PR]
by rin_oz | 2007-10-22 15:21 | FOOD

アクアオリビン

結婚1周年だというのに、ディズニーランドによって深い溝ができたまま(ウソ)ではマズイだろう。というわけではないが、天気が良かったのでまた散歩へ。
海岸通り県庁側ばのフレンチレストラン「アクアオリビン」でランチを食べた。1年ぶり、しかもランチは初めてだが、今回もオ・イ・シ・イ。一品ずつ写真を撮ろうと思ったのに、いざでてくると「わー、おいしそう!」すぐにガツガツ、と食べてしまうので、美しいデザートも撮り損ねた。かろうじて魚だけパチリっとな・・・。あまりの美味しさに、ソースもあますことなくキレイに食べちゃう私たちなのだった。

ここは7テーブルくらいのこじんまりとしたレストランで、ウェイターがV6の岡田君にとても似ている。建物は昭和初期の建築で味がある。週末ランチ2310円(カード不可。手持ちがギリで焦った)、平日ランチは1575円~。その他詳しくはHPを。

それから大桟橋を散歩して帰った。大桟橋ホールではなんと社交ダンス大会が行われていた。杉本彩も真っ青なラテンダンスの女性が、喫煙所でタバコすいながら足上げてステップ確認していた。激しかった。トイレに入ったら、ドレスを着た人しかいなくて凄かったッス。

f0051387_15483727.jpgf0051387_15485092.jpg
[PR]
by rin_oz | 2007-10-21 15:36 | FOOD

夏もの撤去

いい加減寒くなってきたので、夏物の残骸よさらば。
ブタさんの蚊取り線香(メ氏宝物)、金魚柄の暖簾、いぐさラグを撤去した。
かわりにホットカーペット出動!、暖かい~。ってまだスイッチはOFFだがね。
もっと早く入れ替えれば良かった。

暖簾のなくなった玄関がなんかスカスカするので、
冬っぽい布を買ってこなくては。
[PR]
by rin_oz | 2007-10-18 15:24 | LIFE

TDL

ついにメ氏とTDLへ行く日が!我が家で最初で最後であろう。
早く行き、早く帰ろう!ということで、開園15分前に着いて、16時半のバスで帰ってきた。結構十分なもんだ。(帰りは所要45分、寝てるうちにあっというまに帰ってきた)そして学んだのだ。TDLが好きでない人を連れて行くべきではない。メ氏、ものごっつい憔悴してしまいました・・・スマン・・・。列に並ぶ人の香水と、ワゴンのポップコーンやチュロスのニオイの攻撃にも耐え切れなかったそうだ。真のホリディ・ナイトメアか。
しかも、仕事柄目がいくのは分かるが「お、ここは木材か。」とか「鉄材を木で覆ってるんだな」とか建物のエクステリアにしか興味がないメ氏。もしもし・・・現実を離れてディズニーの世界に入らないと、ここは楽しめませんよ・・・と凍りつくワタシ。
プラス、機嫌悪くなってないかな、今待ち時間の少ないアトラクはどれかな、と頭をフル回転させていたので、なんかこう・・・水曜どうでしょう。
それでもやっぱりハロウィーンのTDLは楽しかったス。

入場(開園してから15分かかった)
バズのアストロブラスター・・・待ち20分
ホーンテッド・マンションのFPを取る(11:55-12:55)
グランド・サーキット・・・待ち10分
スタージェット・・・待ち25分
スターツアーズ・・・待ち5分
ホーンテッド・マンションFP
シューティング・ギャラリー・・・待ち20分
ウェスタンリバー鉄道・・・待ち15分
マークトウェイン号・・・待ちなし
カリブの海賊・・・待ち50分(実際は35分だった)

いかに待たなくていいアトラクションを選んだか(笑)。パレードは完全無視(ミッキー見てご機嫌を損ねては・・・)。もう、これくらいで調度いいともさ。私はホリディ・ナイトメアのホーンテッド・マンションと、新しいカリブを見たことがなかったので、これさえ観られれば満足なのだ。
ちょっと笑ったのはホーンテッドマンションで、最初の部屋が真っ暗になった瞬間に小さな子供たちが一斉に泣き叫んだこと。阿鼻叫喚。隣の人も見えないくらい暗いから、そりゃ、怖いわな。
・・・ということで、またの機会はワタシは一人で行・く・さ。(結構いるのに気がついた。一人TDL→参考舞浜てくてく)ウチの定番はやはり、お散歩or温泉だ。それが平和だ。

f0051387_233014.jpgf0051387_233837.jpgf0051387_2331485.jpg

左>メ氏、シューティングで10発10中。保安官バッジをゲット
中>リアル、ジャック・スパロウ。
右>ハロウィーンのお姉にキャンディをもらう。(子供か!)


さらに悲しいおまけ・・・
最後のカリブの海賊で、後ろに並んだギャル?6人組が人間ではなくサルだったようで、騒ぐは体当たりをしてくるわで悲しかった。待ち列横に突然現れたジャック・スパロウ(人間)に「チョーやっべえー、ジャック、チョーホンモノっぽい。あたしマジやばいかも!」とのことでしたが、ジョニー・デップに失礼だろうってくらい、似てなかったヨ~。ちなみにアトラクションのジャックは良く出来てて、人間みたいだし似てます。猿らに隣と後ろに乗られて、アトラクションの声も全然聞こえず、参った。ラストで楽しかったね~って帰りたかったのに、メ氏が余計に疲労しちゃったよ。トホホ・・
[PR]
by rin_oz | 2007-10-17 23:12 | LIFE

ホテル・ハイビスカス

昨日ワールドポーターズからランドマークまでがっつりウインドウショッピングをし、人ごみで風邪菌らしきものをもらってしまったのか、今日は朝からヨレヨレに・・・・。
午後になってようやく起き上がり、明日返却せねばならないDVD「ホテル・ハイビスカス」(2002年)を観た。

メ氏が原作漫画を持っているので、あらすじは知ってはいたのだが、そんな前知識をぶっ飛ばすような主人公の元気のよさと替え歌(←メッチャうける!)に七転八倒して笑った。イヤー、最高!名護の海も美しい。
「めがね」「サウスバウンド」「ホテル・ハイビスカス」と沖縄・奄美が舞台の映画ばかりを観ているので、なんかこう、だんだん、旅にでたい・・・沖縄にね・・・・。なんでか昨日、野毛でエイサーみちゃったしね・・・。

f0051387_2226962.jpg

「ホテル・ハイビスカス」あらすじ:
個性豊かな面々が揃う一家が経営する沖縄の古びたホテルを舞台に、天真爛漫でとびきり元気な腕白少女が、ひと夏に経験する様々な出来事や出会いを琉球音楽にのせて綴っていく。
 沖縄のとある場所に立つホテル・ハイビスカス。外見は古く、客室も一部屋しかない宿だが、このホテルを営む人たちはみな明るくやさしい個性的な顔ぶれ。三線とビリヤードが得意な父ちゃん(照屋政雄)、働き者で美人の母ちゃん(余貴美子)、黒人とのハーフのケンジにぃにぃ、白人とのハーフのサチコねぇねぇ、そしていつもくわえタバコのおばぁ(平良とみ)。小学3年生の美恵子(蔵下穂波)はこんな“インタァナソナル”な家族に囲まれ楽しい毎日を過ごしていた。男の子以上に元気はつらつな美恵子は、今日も同じクラスの親友ガッパイとミンタマーを引き連れ、森の精霊キジムナー探しに繰り出した……。

さらに詳しいあらすじはコチラ
[PR]
by rin_oz | 2007-10-14 22:32 | MOVIE

自家製シーチキン

先月末にメ氏が釣ってきた宗太カツオが本当に沢山あるので、
マグロじゃないけどシーチキンにしてみた。
コンソメスープとオリーブオイルを1:1で煮立てて、臭い消しの白ワイン(適当)とローリエ(本当はローズマリー)を入れ、そこにカツオのサクをぶちこむ。どーん。
そして30分煮込んだ。ルクルーゼで30分だから、普通の鍋だともっとかも。
とにかくカツオの身がホロホロに崩れるようになればオッケー。
あとはスープごと保存容器に移して寝かせて味を馴染ませるだけ。

というわけで、このシーチキンを微塵切りキャベツとまぜてギョーザの皮で包んで揚げたり、シーチキンハンバーグにしたり、ポテトやかぼちゃと混ぜてコロッケにしたりして、やっと食べ終わったのだ。
もう当分カツオはいい・・・・

f0051387_22593921.jpg

[PR]
by rin_oz | 2007-10-12 23:01 | FOOD