仏果を得ず

f0051387_21374621.jpg今朝はメ氏が始発の新幹線で上方へ発ったので、5時半から久々の一気読み、グオーッ。図書館で予約して、何ヶ月待ったことか。(基本的にハードカバーは買わない)
たまの早起きもいいもんだ。

三浦しをんの「仏果を得ず」。主人公は文楽の若手大夫・健。バカがつくほど文楽に打ち込んでいて、人間国宝の師匠や変わり者の三味線弾きに鍛えられながら芸を磨く。芸に恋に悩みながらそれでも文楽一直線で突き進んでいく、傑作青春小説。

三浦しをんは既に「あやつられ文楽鑑賞」という本を書いており、その時点で文楽激ラブになっているのだが・・・ゆえにこの本は文楽に対する愛情が溢れ出ちゃっていて、読むほうもとても楽しい。ワタシは文楽なんか全然知らないのだが、そんなことは問題ないっていうかお構いなしで読める。伝統芸能やってる人もフツーの人間なんだよね、と急に文楽が身近なところに来てしまいそうな錯覚すら覚えたりして。主人公以外の登場人物も一癖二癖あるのばかりで、愛すべきキャラ揃い。
直木賞の「まほろ駅前・・・」もそうなのだが、読後に一筋の風のような爽快感があるのがヨイ。表紙の勝田文の絵がまた、イメージどおりで、たまりません。イチ押し。
[PR]
by rin_oz | 2008-04-15 21:54 | BOOK

カレセン

f0051387_21383771.jpg「ちょいワルオヤジはもう古い!今、枯れたおじさんがステキです。男の色気は50から 」というコピーのこの本「カレセン-枯れたおじさん専科」。
本屋を物色していたら平積みで見つけてびっくり。なんすか、この本は。開けてみると目次はこんなかんじ、

■目次■
巻頭グラビア
カレセン座談会
今宵、いつもの店で逢いましょう。
映画の中の枯れオヤジ
しりあがり寿インタビュー「僕のオヤジキャラ誕生秘話」
小野員裕フォト日記「東京オヤジ巡礼」
枯れたカレにプレゼントを贈るなら…
おじさん年齢早見表
カレの晩酎に一役買いたい!激シブおつまみ
巻末寄稿『侘しくはない。』一條裕子

激シブおつまみっていうのが、結構笑える・・・
ちなみに枯れオヤジは犬より猫が好き、枯れオヤジはひとりで行ける行きつけの店がある・・・などなど読んでいるうちに、うちのメ氏が結構当てはまっていることが判明。
自分でも自らをピタゴラじいさんなどと言っているが、まだ30代なのに中身が枯れオヤジとは。(外見は若く見えるので枯れておらなんだが)
私は昔おじさん趣味だったので、そのときこの本がでていれば飛びついたのだが・・・今はなあ。先見の明があったのかな~(ウソ)。
[PR]
by rin_oz | 2007-12-23 21:45 | BOOK

肩越しの恋人

TVドラマ「肩越しの恋人」が面白いので、原作を読んでみた。
すでにドラマのイメージがあるので、読みながら米倉涼子や田辺誠一が頭の中で動いてしまうゆえ、分かりやすい・・・・。
で、原作とドラマとは細かい違いはあるものの、
同じようにクールでドライなテンポで話は進み、最後に「エッ」という結末がある。
結婚を避けていた主人公に突然新たな家族が・・・そんな結末なのかい!と
最後を立ち読みして面白いから買ったのだが。
ストーリーも分かったので、安心してドラマの続きを見届けますだよ。
(池内博之のゲイっぷり、要潤、田辺誠一となかなかどうして、いいのだ)
[PR]
by rin_oz | 2007-08-02 21:50 | BOOK

俵屋の不思議

昨朝目が覚めたら右耳下のリンパが腫れて、
プチこぶとりじいさんになっていた。
子供の頃はよくリンパ腺腫らしていたが、
こんなになるのは何十年ぶりなんですけど・・・。

メ氏もいるし寝ている場合では・・(しかし晩御飯はカレー作ってくれました)
だんだん腫れもひいてきたので
選挙へいってそのまま外出しちゃったけれど、
そのツケは今日やってきて、午前中ダウン。

f0051387_15222715.jpgそのまま午後も休息モードに入っていて、先日Vonさんに借りた「俵屋の不思議」を読んだ。
京都の三大老舗旅館のひとつ俵屋旅館
支配人の女性と旅館を支える職人さんたちをルポしている。ホテル業界にいたVonさんの目指すものがここにあるのだのう・・・と思いつつ、完読。京都旅行に向け、テンションちょびっと上向き。

それにしても昨夜からの集中豪雨はなんですかのう・・・
気温が下がってもジメっとしていて、過ごしづらい。
今日は土曜の丑の日だが、例年なら梅雨明け後であるちょうどこのあたりが
一番からだの不調が多いとか。
わかるよ、それ・・・。はうー
[PR]
by rin_oz | 2007-07-30 15:31 | BOOK

鹿男あをによし

万城目学の「鹿男あをによし」、ぜひ読みたいと思っていた。
図書館の予約待ちが250を超えていて、どうするかな・・・
と躊躇していたら直木賞にノミネートされ、しかし受賞は逃してしまった。

うー、どうしよう。ハードカバーは買いたくないな~。
でも買ってしまいそうだな~。

f0051387_1448824.jpg

>楽天booksよりあらすじ
「さあ、神無月だ--出番だよ、先生」
神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほんの気休め、のはずだった。英気を養って研究室に戻る、はずだった。あいつが、渋みをきかせた中年男の声で話しかけてくるまでは……。
慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿…そう、鹿がとんでもないことをしてくれたおかげで、「おれ」の奈良ライフは気も狂わんばかりに波瀾に満ちた日々になってしまった!
「壮大な構想、緻密な構成、躍動するディテール、ちりばめられたユーモア…。これが二作目なんて信じられない。この作家は、いずれ直木賞を獲るだろう」と”本読みの達人”金原瑞人氏が絶賛した、渾身の書き下ろし長編。
[PR]
by rin_oz | 2007-07-19 14:49 | BOOK