カテゴリ:MUSIC( 38 )

f0051387_18231565.jpg


先週の木曜日(7/28)、初めて神奈川フィルのコンサートに行ったわたくし。
以前は金髪だったソロコンサートマスターの石田氏目当てでもありますが、
教科書でもおなじみ「ウィリアムテル」だからいいんじゃなーい? と、慌ててチケット購入。
と、最上段に近い席で鑑賞。

2曲目がヴァイオリン協奏曲でしたが、
少々怖い容貌とは裏腹に、繊細で美しいバイオリンでした。
人気もあるのね、バイオリン協奏曲の拍手は何度も何度もありました。
そして、初めて生できいたショスタコーヴィチですが、
ええ、素晴らしかったけれど、暗かったよー!!
第一楽章にウイリアムテルの引用があるので、この選曲だったのか!
というのが分かったのですが、後ろへ行けばいくほど南海・・・いや難解・・・暗い・・・。
・・・なんかよかったのに凄く体力使って疲れた。
演奏はよかったんですよ、また聴きにいきたいです神奈川フィル。

この曲に引きずられてか、大雨の低気圧のせいか、
1週間ずーっと体調が悪かったわたし・・・。
(週末はちょっと熱中症だったぽいが)

やっと今日復活だ。
明日からは、年に一度の夏の、「スターナイト☆」ですよ。
今年は1塁側が取れて良かった☆
暑そうだなー、ハマスタ。倒れないようにせねばな。
まだAクラスにいるから、素晴らしい。応援のし甲斐もあるね~。
[PR]
by rin_oz | 2016-08-04 16:22 | MUSIC

秋から幾つものイベントが行われている「クラシック・ヨコハマ」ですが、そのメインイベントともいえるこの日のXmasコンサート。
クラシック・ヨコハマ 生きる ~2013Xmas若い命を支えるコンサート。
市民招待のチケットが当たりました。今年のクリスマスはついてる!
Vonさんを誘ってみなとみらいホールへ。

このプログラムは小児がんの子供たち&家族を支えるチャリティーで、司会はがんサバイバーの鳥越俊太郎。
そしてメインは、ジャズの大御所・山下洋輔と神奈川フィルとの「ラプソディー・イン・ブルー」。
これを楽しみに行きましたが、どっこい。

全日本学生コンクールで優勝した人たちの演奏も、素晴らしかったです。
特に中学生のバイオリン大関万結さん、鳥越さんもそのうち国際コンクールで優勝するでしょうと言っていましたが、名前を覚えておきたい・・・。

一部の〆は神奈川フィルのクリスマスソングで盛り上げ、いよいよ山下洋輔の登場。
その日の気分でアレンジするので「世界にひとつだけのラプソディー・イン・ブルー」をお楽しみください・・・・

という指揮者の前トークの通り、ピアノ部分はすんごいフリージャズで、ああ~かろうじて元メロディが残っているかしら・・・ムーディーに聴いているうちにワタシもvonさんも落ちてしまう・・・
そしてオケが入ってくると聴きなれたメロディなので起きる、を繰り返しました。
いやいや、それでも十分楽しんだけれど、すみません。
フリージャズは難しいでがす。

横浜市は実のある文化イベントが増えて、楽しいです。
林市長自身が音楽や演劇がお好きらしい。 来年もまた聴きたい・・・
もちろん大人な寄付もいたしましょう。
クリスマスにちょっとだけ人の助けになることをする。いいことですな。
[PR]
by rin_oz | 2013-12-22 21:12 | MUSIC

f0051387_1041259.jpg横浜音祭り2013 のイベントの一つ、熱帯JAZZ楽団のライブにおひとり様GO! (メ氏は入間基地へブルーインパルスを見に行きました)

前から9列目でちょうどいい感じ。観客は子供からお年寄りまで多様ですが、主に(ワタシも含めて)中高年が多いです・・・。for Next Generation なのに、招待した小中学生は2階席だなんて。
1階の中央でドーン!と迫力ある音を聴いてもらったらよいのに・・・と思いましたな。

で、熱帯JAZZ楽団。CDで聞いたことはあったけれど、生音は初めて。スーパープロ集団だけあって、質の高さとパワフルさは半端ないです。
何が凄いって、もう楽しすぎて・・・この生まれた時から仏頂面の私でさえ、顔がエヘ~ってゆるんじゃうこと。
ラテンのリズムはすごいなあ、無条件になんだかもう「人生って楽しい!」ハイ状態になります・・・。
カルロス菅野とおじさんたち、超かっけー!

おひとり様の良いところは「立つ?どうする?」うーん、まごまご・・・という相談をする必要もなく、ダンスタイムになったら立ちあがれることです・・・。端っこ席なので座ってる人の迷惑にもならないし。

アンコール2曲は、笹下中学校の卒業生を中心とした”みなとみらいスーパービッグバンド”とのコラボ。この女子高生達がまたスーパー巧いのにびっくりしやした。
おじさんたちと(娘くらいの年の?)女子高生たちがパワフルに演奏しちゃってるのって、イカす。
ラストは大好きなEW&Fの「セプテンバー」で(これはお決まりなのかな)、もう大満足でございました。あー、ビッグバンドはやっぱりいいな。ラテンは元気でるな~。

そして、2曲とび跳ねただけなのに終わった直後に右膝に痛みが走って、自分の衰えに衝撃。とほほ・・・ 
興奮冷めやらず汗だくで帰宅・・。
入間からぐったり疲れて帰ってきたメ氏にハイテンションで喋りまくり、迷惑もかけました。す・ま・ぬー、ははは。


[PR]
by rin_oz | 2013-11-03 23:02 | MUSIC

SMASH

The 20th Century Fox Mambo

今月からBS Dlifeで始まったスピルバーグ総指揮 「SMASH」。
マリリン・モンローを題材にしたブロードウェイ・ミュージカルの製作過程をドラマにしたもので、
製作側の人々やダンサーの葛藤などがリアルに描かれています。
ミュージカル・ナンバーもイカしてる。
2回目では、金髪ムチムッチな方がマリリン役に抜擢されるのが決まったけれど、
まだまだ何かありそうな予感が・・・・。
アダムス・ファミリーのママ役のあの強烈なヒトもでていますよ。
[PR]
by rin_oz | 2012-11-11 00:54 | MUSIC

寒いー

あっという間に今年もあと1週間ほどになってしまいました。
先々週から順番に風邪をひき、自転車どころではありません。
写真ネタがないので、音楽でも・・・060.gif
今日のgoogleのトップページは、ロゴもかわいいしジングルベルまで流れるのね~。

◇Wonderful Christmas Time (Paul McCartney)

◇SantaClaus Is Coming To Town (Michael Bolton)

◇White Christmas (Frank Sinatra & Bing Crosby)

◇Sleigh Ride (The Harry Connick Big Band)

◇Winter WonderLand (Brian Setzer Orchestra)

◇Cool Yule (Louis Armstrong)

[PR]
by rin_oz | 2011-12-24 10:29 | MUSIC

横浜キャッツ

明日通算8000回公演を迎える劇団四季のキャッツ。
ロングランですな。
しばらく続くと思いますが、老若男女ぜひ観て欲しいミュージカルです。
’95の品川キャッツは、祖母や大叔母も観に行って大満足で帰ってきましたからのう・・・。
(祖母面食いにつき、石丸幹二がお気に召した)
子供からお年寄りまで楽しめます。
ワタシももう一回観に行きたい・・・当日券でフラっとな。

好きな猫はミストフェリーズとスキャンブルシャンクスですが、
特にスキャンブルシャンクスの歌はいい歌です。

ああ、そうそう劇場セットのなかにもある(ホント?)という崎陽軒のシウマイ弁当ですが、
10月28日から11月13日までの期間限定でキャッツとコラボするらしいです。
横浜駅周辺の店舗で買えるとか。

”Cats” musical numbers (劇団四季)
[PR]
by rin_oz | 2011-10-27 16:29 | MUSIC

横浜JAZZプロムナード

母がまた病院でリハビリを受けられるようになりました。
本当に色々な人に感謝です。クロスゲート前で小気味良いモダンジャズを聞きながら、いやー、ええ秋やー・・・としみじみ思いました。

f0051387_17425426.jpgf0051387_17425621.jpg
そのころメ氏は赤レンガパークのオクトーバーフェスタにいたのですが、
別行動する前に、クイーンズサークル、クイーンズパーク、ドッグヤードガーデンを巡ってビッグバンドJAZZを聞きました。
生JAZZはいいですな!天気もいいし、三連休のど真ん中で凄い人出でした。
年々会場が増えて規模が大きくなっているような気がします。
来年こそは、折りたたみチェアを持っていかないと、もうミドルエイジゆえずっとは立っていられないです・・・。
f0051387_17424825.jpgf0051387_17425045.jpgf0051387_1743063.jpg

September (熱帯jazz楽団)
[PR]
by rin_oz | 2011-10-09 23:42 | MUSIC

GleeKast

f0051387_14263858.jpgBSプレミアムの「Glee」シーズン1の放送が終わりました。
いやいや、州大会のジャーニーメドレーもいいけど、前週のfunkのほうが良い出来ではないかな。

そして連休のCS無料放送でシーズン2の#1と#2を観たら、レイチェルが益々嫌なコになっていて唖然。
さらにエマ先生を未だ追いかけるシュー先生がイタい・・・。エマ先生のnew彼氏はERのゲイツ先生ですな。

そんななか、久しぶりにaccuradioを開いたら、
POPのカテゴリーに「GleeKast」というチャンネルが出来ていました。
ドラマで唄ったgleeキャストの曲に加えて、オリジナルバージョンがランダムに出てきます。
これはいいねえ。

GleeKast
http://www.accuradio.com/player/slipstream/gleekast/989/
[PR]
by rin_oz | 2011-09-21 15:38 | MUSIC

トニー賞

f0051387_21351097.jpg今年もトニー賞の授賞式がBSで放映されました。年に一回だけ、この番組でブロードウェイ気分に浸ります。

受賞の合間のパフォーマンスが楽しくてですね・・・。今年は映画でお馴染みのミュージカルが多く、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」「プリシラ」「スパイダーマン」「天使にラブソングを」などなど。

f0051387_17291939.jpgインパクトがあったのは、「キャッチ・ミー・・・」のナンバー「ルールを守れ」です。曲がキャッチー♪パワフルに踊りきったカール・ハンラティ役(映画ではトム・ハンクス)の俳優さんは、見事ミュージカル主演男優賞をとりました。
今年の話題作は「ブック・オブ・モルモン」だったようで、何部門も受賞。
モルモン教って、いったいアメリカではどういう位置づけなんだ・・・皮肉たっぷりの作品のようですが。モルモン教徒というと、ケント・ギルバート&デリカットを思い出してしまう。ふ・る・い。

f0051387_17323025.jpgそれからダニエル・ラドクリフが一生懸命に歌って踊る、リバイバル作品「努力しないで成功する方法」、脇役のお二方のほうにオーラがあったね・・・。頑張っているけど、ネームバリューが先行している感がいなめない。でもブロードウェイに生暖かく大事にされている様子です。
頑張れラドクリフくん。
ビリー・ジョエルの元妻クリスティ・ブリンクリーがいつのまにか「CHICAGO」でデビューして、プレゼンターになっていたり、ブルック・シールズが「アダムス・ファミリー」に出ていたり、ヒュー・ジャックマンがコーラスラインを踊ったり、今年も驚いたり楽しんだり。
やっぱりミュージカルはいいですなあ。
N.Y.もし行くなら、「キャッチ・ミー・・・」「天使にラブソングを」「プリシラ」「ラ・カージュ・オ・フォール」の4本をゼヒ!観たい。
[PR]
by rin_oz | 2011-06-18 20:55 | MUSIC

f0051387_108331.jpg
昨年末に買ったカルロス・クライバーのベト7輸入盤、実家お古パソコン&ヘッドフォン(キーボード用に買ったちょっといいモノ)で聴いてみたら、あまりの美しい音に心も脳天も洗われた気分です。
ハイブリッドSACDの音の良さをやっと実感。
うーん、喩えるなら、踊るように指揮するクライバーの指先から花弁が舞うような美しさ。
エンドレスでずっと聴いていたい。
f0051387_1081318.jpgこんな音がだせるなら、偏屈者でも完璧主義者で守銭奴でもしょうがない、かー。(いや、ちゃんと理由があるんですよ)
今年4月のBSプレミアム2夜連続クライバー特集で初めてクライバー映像をたくさん観ましたが、実に楽しそうに振るんですねえ。オケもたまらんな。
楽しい音楽の時間デス(byミルヒー)、まさに。
f0051387_1082164.jpg

”Sound of Musik” - Falco (1986)
[PR]
by rin_oz | 2011-06-13 10:30 | MUSIC