カテゴリ:MOVIE( 42 )

ザ・マジックアワー

「ザ・マジックアワー」観ました。
声を上げて笑いまくりました。佐藤浩市の新しい魅力が・・・。
っというか、今まで”どうせ俺は三國の息子だよ”とヒネっちょな感じがしていた佐藤浩市が、オープンになってて、良かったッス。
話も上々だと。映画に対する(たぶん、三谷幸喜と佐藤浩市の)ノスタルジーがあふれてます。
ただし、あまりにもキャスティングが前の映画に似通ってて、ちょっと”またか”なニオイもする。飽きが・・・。あ、でも寺島進はよかったな。
メ氏は「The有頂天ホテル」のほうが良かった、とのこと。確かに、分かりやすさでいうとそうかも。

ちなみに私は、デラ富樫は伊吹吾朗なんじゃ・・・と思ってたら、違った!

f0051387_2242466.jpg

[PR]
by rin_oz | 2008-06-11 22:05 | MOVIE

ザ・マジックアワー

あちこちの番組で宣伝に勤しんでいる三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」。
こんなに監督自身が宣伝にたつのもズゴイ・・・。
そして三谷幸喜と一緒にいると佐藤浩一がいい感じにユルんで、
とてもカワイらしいのも見逃せないですな。
山本耕史もでてるし、絶対見る!ぞー。(来週公開)

「ザ・マジックアワー」HP
[PR]
by rin_oz | 2008-05-31 13:49 | MOVIE

スーパーマン

f0051387_17473458.jpgBSで放映された「スーパーマン」3部作を観た。
ちなみに4まであるらしいけど、どうして3までしか放映してくれないのかしら、NHK・・。

一番面白いのが、最初の「スーパーマン」。スーパーマンが成長するまでの前半がこんなに長く描かれていたとは知らなかった。全編丁寧に作られてマス。これが公開されたときは衝撃的だったでしょうよ。
次に「スーパーマンⅡ」、安易な設定と展開にちょっとまったあ!といいたくなる場面が多数あるけれど、許せる範囲で楽しめる。(あっさりクラークがスーパーマンであることがバレる、緑のクリスタルが無造作に落ちていてカンタンにスーパーマンに戻れる、等々・・・)
それが「スーパーマンⅢ」になると、イヤーッこんなのスーパーマンじゃない、という場面と、適当さかげんにガクリ。しかもⅡでスーパーマンの力を捨ててまで愛しているといったロイスをあっさり諦めて(?)、故郷の同級生ラナとラブラブに・・・違うだろう!ちょっとー。

シリーズの回を追うごとにつまらなくなっていった、というのは本当でしたよ・・・。4は見ないことにしよう。
[PR]
by rin_oz | 2008-05-05 17:50 | MOVIE

TVに釘付け

恐ろしい・・・
1週間だけwowowもスカパーも無料試聴できるので、慌しく録画しまくり中。
特に観たかった「ホリディ」には早速はまり、ジュード・ロウの笑顔と泣きべそ顔にヤられましたがなー。別にファンでもなんでもなかったのだが!カッコイイー。しかしなんでこの映画にジャック・ブラックが・・・・一人くらいこういうのを入れないとあまりにも美男美女過ぎて嘘臭くなるからでしょうかの。キャメロン・ディアスは相変わらず好きだな。
リピート観してしまうがな。

こんなにTVや録画ばかり見ていたら人間失格になりそうなので、やはり、有料放送に入るのは止めておこう。「ちりとてちん」ですら、BS2⇒BSHi⇒NHK総合とついつい同じものを3回も見てしまうゆえ(アホかー)。

f0051387_15412242.jpg
↑2児のパパなのに涙もろくて、ラストで彼女が去っていってしまうと泣きべそかくグレアム、の役。キュート過ぎる。ダスティン・ホフマンもカメオ出演。
[PR]
by rin_oz | 2008-03-19 15:46 | MOVIE

Wolfgang's Big Night Out

グラミー賞が発表された。
Brian Setzer Orchestraの「Wolfgang's Big Night Out」はBest Classical Crossover Album部門にノミネートされていたが、残念ながら賞はとれず。ほとんど毎年のようにノミネートされているが、近年は賞が取れなんだ・・・。
一昨年以来来日もないし、ちょっと寂しい・・・。

f0051387_1421731.jpg

[PR]
by rin_oz | 2008-02-11 14:04 | MOVIE

スウィニー・トッド

観てきた。
「スリーピー・ホロウ」みたいな感じのミュージカル風?と思っていたら、なにかが違ってた。
あっけらかんとスプラッタで、ギャー!と思う暇もないっス。
喉をかっきるのに躊躇いもなにもなく、いきなりスパーッスパーッとやり始めちゃうから。
ヒョエー展開早い。

しかも最後まで救いなし。
いや、かろうじて娘が生き残って外へでられた、っというところにのみ明るい光が・・・あるかのう。それもちょっとなんだかな、な形で。
(それはそれでストーリーはOK!でもハッピーエンドじゃないとワタシは耐えられん)

ラストは一部、正視できなかったところあり(怖がり)。観終わってちょっと鳥肌が!
あまりに血と肉がでてくるんで、
ごはんが作れなくなってしまいました・・・・。

ハァー しかしジョニー・デップは相変わらずかっこいい。歌もいい。
ビジュアルはジョニー・デップ、演技はキャラクター上ヘレナ・ボナム・カーターのほうが際立ってるかも・・。アラン・リックマンは権力をもった嫌なやつをやらせたらピカイチですな。
映画全体としては、とても面白い!です。
[PR]
by rin_oz | 2008-01-30 22:37 | MOVIE

ヘアスプレー

映画の日なので、思い立って「ヘアスプレー」を観てきた。
家を出る前にMM109のHPから良席予約で席をリザーブ、劇場では自動機発券でらくらく入れます、というのを初めてやってみたが、これは便利!もちろん料金は1000円。

内容は60年代の人種差別バリバリのボルチモア、ダンスが上手で人気ローカルTV番組に出演したい主人公がミス・ヘアスプレーをとるために大奮闘、ついでに差別もなくしちゃうぞ・・・・という内容だが、なんといっても私が見たいのは! ビッグサイズなママ役のジョン・トラボルタ、とパパ役のクリストファー・ウォーケン(脇役好き)。
ショウビズのインタビューで「僕だってことはすぐに忘れてしまうよ」といっていたトラボルタだが、いやいや、踊れば踊るほど、んートラボルターって感じでパパとのチューも「う、トラボルタとウォーケンが・・・」とほんの一瞬は我に返ってしまうのは私だけだったのかしら。
しかしデブでもトラボルタ、ダンスはノリノリだ。ウォーケンもミュージカル出身なので、ちょっと枯れかけたパパの演技を取り入れた?まあまあのダンス見せてます。(華麗なダンスは「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でのディカプリオのパパ役で観られます)
主人公トレーシーのAlways満面の笑顔もたまらないし、歌もダンスも楽しい、ハッピーエンドないいミュージカル映画だった。サントラ、欲しいかも。

f0051387_17101577.jpg


誰かのブログで、観るとシアワセになる映画とあったが、まさしくそんな感じ。
大型液晶TVとホームシアタースピーカーがあるなら、DVD鑑賞もお奨め。
(うちはなんといっても15インチなので、ミュージカル映画をみるとしらけてしまうのだ・・・)
[PR]
by rin_oz | 2007-12-01 17:10 | MOVIE

続・ALWAYS 三丁目の夕日

発熱しないが鼻水と咳が延々続く風邪をひき、早く治したくてずっと引きこもっていた。あー、陽にもあまり当たらなかったし、腐りそう。1週間目に諦めて医者にいったら、そこが老人専門?(待合室に私しか中年以下がいなかった)・・・のようなところで、薬を4種類もだされて1週間飲んだ。さすがに治ったけど。母曰く「薬を沢山だすところは診療報酬狙いだから止めなさい」とのこと。そうかも・・・。全ての薬を飲むとごっつー眠くって倒れるように寝ていた。

そして、久々のシャバに・・・カムバック!
「続・ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきた。続編には期待しないほうなのだが、いや~良かったので散々泣いて帰ってきた。怒髪天をつく堤真一がイカス★

ついでにメ氏の通勤用の薄手のコート(電車が暑い上に、徒歩距離が短いから)を探していたのだが・・・・。「普段と通勤と両方で使えるスタンドカラーコート」をお薦めしていたワタシの思惑を思いっきりはずして、カジュアルショップで立ち止まるメ氏。あー・・・普段洋服に頓着しないわりに、一度気に入るともう離れないんだよね・・・。そして、さすがA型、試着の前に裏見て表見てものすごい細部までチェック。とにかく着てみて気に入ったら素材タグだけ確認する私と、エライ違いなのだった。

しかし、メ氏を少しずつお洒落にする計画を水面下で実行中のワタシとしては、ここでNGをだしてやる気をそいではならないし。「通勤コートはどうするんだ!」という気持ちを抑えてメ氏が悩んでる2着のカジュアルコートを両方購入! もうついでに、店員さんが薦めるコートに似合うお洒落シャツも購入! 計らずもクリスマスのコーディネイトが出来上がったので、ワタシ的にもOKだ。 
ボーナス前に やってしまった キリギリス (字余り)


過去のイブの食事は仕事帰りだったのでスーツだったが、今年は休日なので来て行く服がなっくって・・・。
[PR]
by rin_oz | 2007-11-30 13:54 | MOVIE

ホテル・ハイビスカス

昨日ワールドポーターズからランドマークまでがっつりウインドウショッピングをし、人ごみで風邪菌らしきものをもらってしまったのか、今日は朝からヨレヨレに・・・・。
午後になってようやく起き上がり、明日返却せねばならないDVD「ホテル・ハイビスカス」(2002年)を観た。

メ氏が原作漫画を持っているので、あらすじは知ってはいたのだが、そんな前知識をぶっ飛ばすような主人公の元気のよさと替え歌(←メッチャうける!)に七転八倒して笑った。イヤー、最高!名護の海も美しい。
「めがね」「サウスバウンド」「ホテル・ハイビスカス」と沖縄・奄美が舞台の映画ばかりを観ているので、なんかこう、だんだん、旅にでたい・・・沖縄にね・・・・。なんでか昨日、野毛でエイサーみちゃったしね・・・。

f0051387_2226962.jpg

「ホテル・ハイビスカス」あらすじ:
個性豊かな面々が揃う一家が経営する沖縄の古びたホテルを舞台に、天真爛漫でとびきり元気な腕白少女が、ひと夏に経験する様々な出来事や出会いを琉球音楽にのせて綴っていく。
 沖縄のとある場所に立つホテル・ハイビスカス。外見は古く、客室も一部屋しかない宿だが、このホテルを営む人たちはみな明るくやさしい個性的な顔ぶれ。三線とビリヤードが得意な父ちゃん(照屋政雄)、働き者で美人の母ちゃん(余貴美子)、黒人とのハーフのケンジにぃにぃ、白人とのハーフのサチコねぇねぇ、そしていつもくわえタバコのおばぁ(平良とみ)。小学3年生の美恵子(蔵下穂波)はこんな“インタァナソナル”な家族に囲まれ楽しい毎日を過ごしていた。男の子以上に元気はつらつな美恵子は、今日も同じクラスの親友ガッパイとミンタマーを引き連れ、森の精霊キジムナー探しに繰り出した……。

さらに詳しいあらすじはコチラ
[PR]
by rin_oz | 2007-10-14 22:32 | MOVIE

サウスバウンド

友人の板ちゃんから「サウスバウンド」の前売りチケットをいただいた。
持つべきものは友。メ氏共々、ちょっと面白そう、トヨエツ(主演)!と気になっていたのだ。
早速観に行ってきた。

いやー、面白かったス。元・過激派の父を演じるトヨエツが、たまらん!目が離せない!
あ、ストーリーは「元過激派の父と母、長女・長男・次女家族が、とあることをきっかけに東京から沖縄へ移住。ダラダラだった父ちゃんが実は破天荒だけどカッコイイ・・・ことに気がつき・・・」あとは面白いので本か映画をみてください。

f0051387_17355728.jpg

http://southbound-movie.com/

今回初めてMM109の上の階のシアターで観たのだが、この階にはハーゲンダッツのカウンターがあり、シアター内にも売り子がやってくる。期間限定ラムレーズンをついつい買ってしまった。いかん、この階は散財してしまう。
でもロビーの窓が大きく、景色がいいので待ち合わせや時間つぶしにいいと思う。アイスもあるしね・・・。

f0051387_23233577.jpg

写真は帰り道、ちょっと夕暮れの日本丸
[PR]
by rin_oz | 2007-10-10 23:26 | MOVIE