カテゴリ:CAREGIVING( 24 )

年に一度の、母のバリアフリーの旅が今年もやってまいりました。
去年よりもちょっとだけ距離を伸ばして、紅葉祭り真っ最中の河口湖へ。
この距離が私が運転できる限界ではないかと・・・。

宿泊は歴史ある富士レークホテルです。お部屋に温泉つきの”湯らっくす”にしました。
このホテルのバリアフリーは本当に行き届いていて、不自由しません。
メ氏の会社の福利厚生で予約をしたのですが、翌日電話がかかってきて、バリアフリーについての細かい要望を確認してくれました。
他のホテルのように色々説明しなくてもすぐ話が通じるので、嬉しいっていうかラクっていうか。
車椅子とシャワーチェア、お風呂の補助手摺のレンタルなどを事前にお願いし、
お手洗いは左側にL字手摺がある間取りを希望しました。(反転した間取りもあり)

f0051387_11352154.jpgf0051387_11352870.jpg入り口にはスロープをつけてくれています。入ってすぐはお茶スペース。
広く、車椅子で回転できます。
ミネラルウォーターと梅酒はサービス。ほうじ茶と緑茶とコーヒーも入れられます。
可愛い缶に入ってて小洒落てる。
湯飲みも2種類あり、個人的にこのお茶スペース、LOVE!
f0051387_11392365.jpgf0051387_1139295.jpg部屋全体はフルフラットで、床暖房がついています。
琉球畳の和室の机は、テーブルとイスに代えてもらいました。
ウェルカムゆず茶と食事は夕食・朝食ともここで。ラク~。
(食事は富士山ビューのレストランで食べることもできます)
f0051387_11434060.jpgf0051387_11461780.jpgPTの先生に肩甲骨の筋肉が硬いのでほぐして、と言われたので、マッサージチェアつきの”湯らっくす”にしました。
温泉に入ってからマッサージすると極楽極楽・・・。
洗面所は、向かって右側がお手洗い、左側がお風呂です。
f0051387_11475385.jpgf0051387_11475944.jpgf0051387_1148359.jpg
洗面所も床暖房があり。
お手洗いもスライドドアで、移動のための手摺と、L字バー、跳ね上げ式の手摺が便器の左右にあります。文句なし。
f0051387_11512152.jpgf0051387_1151268.jpgお風呂はインドア露天の温泉です。入り口はスライドドアで大きく開口し、車椅子で洗い場まで入れます。
バスタオルの予備も2枚あるので、車椅子や洗面のイスに敷いて使えてありがたい。
バスマットの下に敷く滑り止めシートもあります。いやもう至れり尽くせり。
f0051387_11513346.jpgf0051387_11513637.jpg床は木、湯船の底は石なので、裸足でも滑りませぬ。

湯船のふちに補助手摺をつけてもらったので、手摺から手摺へつたってシャワーから湯船まで移動できます。
窓の格子も、湯船からあがる際の手摺代わりになります。
f0051387_11514037.jpgf0051387_11514256.jpg鏡の右側にも立ちあがるために掴む手摺があり、これがとてもgood。
アメニティはお風呂場のシャンプーリンス・ボディシャンプーのほかに、資生堂の化粧水・乳液・クレンジングがあり、持って行く必要がなかった・・・。
f0051387_11541357.jpgf0051387_12122557.jpgf0051387_1212831.jpg
温泉はナトリウムやカルシウムなどの混合泉で、体が温まりなかなか冷めません。冷え性によい・・。
最後に、クローゼット。真ん中のバーを引っ張ると、手前に降りてきて車椅子からでも掛けることができます。初めて観ました。

というわけで、文句なしに使いやすいバリアフリーっぷりでした。

旅行の度に、ブログを検索して写真を探したり、ホテルに電話したりして
バストイレの手摺の場所や段差を確認しなきゃならないのですが、
このホテルはHPに詳細写真が出ているので、部屋も選びやすいんですな~。
ま、それでもさらに参考になるかもしれないので写真を載せてみました。

ホテルのサービスもとてもよいです。極楽ステイ。

肝心の富士山写真は、次回。

■ Just A Gigolo (David Lee Roth) 1985
[PR]
by rin_oz | 2011-11-15 11:27 | CAREGIVING

この夏、母が外用の靴付き装具を履くのがイヤだ と言って室内用の装具のまま外へ出るので、
認知症の始まりなのでは・・・ と密かに思い悩んでいたワタシです。

拘縮が激しいので足が内反するのが靴に踵が入りにくい→ 一生懸命履こうとすると汗が吹き出る→ 履き替えたくない ということなので、マジクールの小型扇風機を買って玄関に設置したりしたのですが、あんまり効果なし。
介助入浴で夏でも2日に1度しかお風呂に入れないゆえ、
ビシっというのも酷だ・・・・しかし改善したい・・・とモンモンとしていたのですが。

f0051387_1713217.jpgこの夏の終わり(秋の始め?)になって、偶然いいものを見つけました。
それはパシフィックサプライ社のVelaという靴べら。
靴の踵に挟んでおいて足を入れるのですが、これはいいんじゃないのー?
と早速amazonで探して定価¥1,050をさらにお安く購入。

使ってもらったところ、思惑どおりバッチリするっと足が入ったそうです。
やった!
っていうかもっと早く知りたかったこの製品。
ちょうど気温が下がったこともあり、ちゃんと外用を履いて散歩にでかけてくれそうなので、ホッ。

情報源はシニアライフ情報誌「いきいきsmile」の広告でした。

→ 後にリハビリ科の先生に「これは便利でいいよねー」と言われました。 
    自分で調べて見つけた、と言ったら誰も教えてくれなかったの?という感じでしたが、
    介護保険で来てくれていた療法士さんは、知らなかったみたい・・・。
    こういう情報って、どうやったら簡単に手に入るのでしょうかね。
    私が検索下手で苦労していただけでしょうか。
[PR]
by rin_oz | 2011-09-23 17:15 | CAREGIVING

真冬仕様の仙石原

今年の母連れ旅行は、箱根は仙石原のホテルハーベスト箱根甲子園です。
去年は車であっというまの観音崎だったので、今年は少し遠くへ。
だんだん遠くへ行けるようになってるんだよ、という実感がもてればいいかなと思っています。
運動療法士の先生いわく、楽しいことが脳にはイチバン。

メ氏の理解も有難や・・・、会社の福利厚生で良い宿をリーズナブルに予約できました。
普段は会員専用のバリアフリールーム、空きがあったので差額なしで宿泊させてもらいました。

しかし、この日は12月末の気温、迫りくる台風で恐ろしく寒く、参りました。車で良かった・・・。
横横→保土ヶ谷バイパス→東名で御殿場までいって、途中SAで2回トイレ休憩と昼食を入れて
3時間だから、まあまあではないでしょうか。
高速のいいところは、車椅子用トイレが必ずあるところ。トイレも寒かったけどね・・・。

f0051387_15331929.jpgf0051387_15333965.jpgf0051387_15372899.jpg
f0051387_15335553.jpgf0051387_1534641.jpgf0051387_15341545.jpg
あまりに寒いので初日の美術館はやめて早々にチェックイン。
お風呂の入り方やトイレへの行き方をリハーサルした後、
夕食まで時間があったので、カラオケルームを予約して昭和の歌大会を開催しました。
母は倒れてから初カラオケ、歌はストレス解消にもってこいなんですなあ。
超ゴキゲンになりました。よかった。口を動かすリハビリにもなるしね~。

お風呂はなんと部屋に温泉風呂があるのです。
シャワーチェアや手すりも完備。
右マヒの母にとって手すりがちょっと使いづらかったのですが、なんとかなりました。
翌日朝風呂もして、二人して大満足です。いやー、温泉はいいよね~。
この部屋、ワンダホー。
化粧室・トイレ・お風呂まで段差なしで車椅子が入っていけるので、
夜中のトイレで寝ぼけて転ぶ心配もないのです。
部屋は庭側でないので、ゴージャスな水上庭園をみることはできないのですが、
そのかわり窓の向こうのほうにススキ原が見え、季節的にとってもナイス。

f0051387_15375114.jpgf0051387_15382725.jpg
翌日は雨が上がったので、仙石原のススキを車から眺め、
マイセン美術館とラリック美術館をみました。
とはいえ、マイセン美術館は全然バリアフリーではないので(母の希望で突然入ったのだ。)、
さっくり見てラリック美術館へ。こちらは広いうえに完全バリアフリーです。
展示台が高いのでと、お尻の下にしくクッションまで貸してくれます。(入場料も半額)
ランチもここの美術館で食べました。

で、帰りは海老名SAでワンストップ、1時間半で帰ってきました。
母は終始ゴキゲンで、これでまた頑張って生活する元気がでたわーとのことだったので、良かったです・・・・。
[PR]
by rin_oz | 2010-10-28 14:58 | CAREGIVING

ヨッテク2010

桜木町に秘孔を突いてもらいにいくついでに、
パシフィコ横浜で昨日今日と開催されている横浜ヒューマン&テクノランド2010に寄ってきました。
「福祉を支える人とテクノロジーの総合展」ということで、毎年開催されています。

主に福祉用具や自助具、車椅子、リフォーム、旅行などのブースがでています。入場無料。
11:00から片麻痺の方の料理実演があったので、まずそれを見学。
実演するのは左麻痺の女性でお子さんがいて、片手で毎日料理をされているそうです。
釘つきまな板で野菜を薄切りするのも手馴れている!トングを使ってゆでたりするのも手早い。
意外に重要なのは、包丁がよく研いであること。
しその葉を千切りするのに、小皿をひっくり返して押さえにする・・・なんていうのも小技ですなあ。
パナソニックがIHヒーターを提供していましたが、
ボウルや小皿を鍋のすぐ横における、安全、汚れても掃除がラク、操作パネルが上向きで見やすい、
夏も暑くなくて快適、などなど利点は色々あるようです。

母が倒れてからは父が料理をしているので、関係ないっちゃないのですが、
何かちょっと食べたい時に役にたちそう。


あとはリハビリと旅行者のブースをまわって、最後に電動車椅子の体験をしてきました。
母が、一人で買い物にいけないのでそのうち電動車椅子をレンタルしたい、とつぶやいていたので、
ちょっと乗ってみたんですが・・・。

自走と電動を切り替えられる電動車椅子(軽量・折りたたんで車載可)は、
段差5cmになると超えられないんだねえ。
3cmまではなんとか。それも勢いをつけて突っ込むとガギョーンと衝撃を受けるので、
段差の手前で一旦とまって、後ろに重心を乗せてせーので超えるとスムーズ。
スーパーまでにキツイ段差がなければ、ダイジョウブかな。
横断歩道から歩道へあがる段差が意外と高いのがネックなのです。

自走機能がなく電動のみのガッチリしたタイプだと、
もっと馬力がありらくらくと段差を超えるかも。
そちらは乗りませんでしたが、家に入れるのには苦労しそう。
ちなみにフツーの自走式車椅子も両手がつかえれば段差は超えられるのですが、
片手だと凄くがんばって2cmまでがやっと・・・・。んーむ。

というのがよーく分かって、なかなかいいですよ。体験乗車。

福祉用具レンタルの人のお話では、
活動範囲を広げるためには電動車椅子を使う人は結構いますよ、ただ
歩くリハビリもしっかりやるようにしないといけませんね、とのこと。
そうなの、
電動車椅子が快適で歩かなくてもいいわ、になってしまうと、
どんどん歩けなくなって筋力が落ちて身体によくないことてんこ盛りなのだ。そこが怖い。

まあ、いずれケアマネさんや療法士さんに相談かな。
その前に脳みそにエポックが起きて、歩けるようになってくれないかのう。
(入院時同室だった人は、突然マヒ手が動くようになったんですねえ。そういうこともあるんです)

他に、おっ、これはいいですなあ~ と思ったものが2・3あったので、
そのうち書こうと思います。
[PR]
by rin_oz | 2010-07-31 17:00 | CAREGIVING

血圧が下がりすぎて目眩がしてふらつく、
と実家の父が言うので気になって様子を見に行ったのだが、
よく話を聴くと母の血圧も下がっていたという・・・。2人でふらふらとしていたんでSKY?

さらによーく話を聴いたら、ここずっと2人で朝食にグレープフルーツを食べていた とな!
朝は降圧剤を飲んでいるからグレープフルーツは駄目です、と病院で看護師さんに言われたではないか。
(キレイさっぱり忘れていたらしい)

2人とも食べるなら昼からにして頂戴 と伝えて帰ってきました。
まあ、おそらくの原因が分かって良かった。
降圧剤を飲む前後約4時間はグレープフルーツを取ってはいけないのだ。
酵素の関係で血圧が下がりすぎるらしいです。   ※影響のない降圧剤もある



実家に帰ってうっかり母の毒(後遺症の高次機能障害で時々暴言?を吐く・・・)にあたると、
ヒットポイントがどーんと下がってしまうワタシ。
録画した「Sex and the City」でスカっとしました。意外と面白い。
あとは無心でブーツ磨き(笑)。
ついダラダラしてたけれど、梅雨が来る前に目に見える冬物を片付けねばな(グータラ主婦)。
[PR]
by rin_oz | 2010-06-06 16:28 | CAREGIVING

H22年の3月までバリアフリーリフォーム減税が実施されていますが、
固定資産税も減額されることを知らなかったワタシです。

これまで、介護保険や障害者手帳の関連で免除・減額されるものは
せっせと手続きをしてきたつもりでしたが、まだあったのか。

あー、気がつかなかった。
なんかこう、役所に介護コンシェルジュみたいな人がいて、
使える制度を全部教えてくれないかなあ。

介護保険でリフォーム補助金申請したときに、
「税金の免除もあるんですよ」なんつってパンフレットくらい渡してくれてもいいと思うのだが・・・。
税金と保険は別窓口とか言うのだろうのう・・・。不親切。

バリアフリーリフォーム減税で満たしていなければならない要件はコチラ(横浜市HP).

申請は改修後3ヶ月以内・・・ってことで、ええ、過ぎてしまいましたとも。
むむー、くやしい。
税金を払っているからには、利用できる制度は利用したいものですよ・・。
ああ、勉強不足だった。悔やまれる。
確定申告で所得税の減税もあるのだが、
これもまた提出書類が沢山あって手間がかかりそう。面倒くさいのう。
だが、やるとも。


■80's■
Do It Again(with Billie Jean)”  Slingshot '83原曲スティーリー・ダンの"Do It Again"は'72年の曲なので、なんでワタシが知ってるの?と思い探してみました。
マイケルの「ビリー・ジーン」と進行が似ているので、'83年にこんなmixが作られて流行ったんですな。mix版をワタシが聞いていたんですなあ。
[PR]
by rin_oz | 2009-11-23 17:21 | CAREGIVING

実家の母を連れて、退院後初の一泊旅行でーす。
父が泊まりで出かける週末に観音崎へ、ヒロミGO!
(仕事のメ氏には申し訳ござらん。謝謝☆)

なぜ観音崎かというと、
・春にワタシが日帰りでSPASSOとランチに行ってすごーく気に入ったから
・バリアフリールームがあるから
・実家から車で一時間以内
・メ氏の会社の共済でお得プランで泊まれるから☆ (ホントにありがとうっ)
でございます。

心配性のワタシは、バリアフリールームの手摺りがどのようについているか
ホテルに問い合わせてみました。
宿泊係のH倉さんより丁寧なお返事メールをいただく。

・洗面室入り口に段差なし
・トイレ便座の左右に手摺りあり(跳ね上げ式)
・お風呂は蛇口に向かって左にL字バー、浴槽入り口に縦バーあり
・館内車椅子走行可
  (ただしSPASSOへは館外から行くので無理)
・バリアフリールームは1室のみ

お風呂場の写真まで添付していただきました。ありがとうございました~。
特にお風呂の手摺りは、実家の手摺りとほぼ同じ位置なので、バッチリ。
右片麻痺の人は左手で手摺りを掴みながら、
頭を浴槽にもたれてのんびりお湯につかることが出来ます。イエーイ。
(もちろん左麻痺の人も、もたれなければ十分問題ないです)
お風呂の写真のアングルは、洗面台上に立って写さないと左右の手摺が入らないのだ。
H倉さんお忙しいなか本当にありがとうございました・・・。

f0051387_1793179.jpgf0051387_1794337.jpg


お風呂は実家でいつも使っている滑り止めシートを持っていって、湯船に敷いて使用。
湯船につかるところまで介助して、あとは呼ばれるまで母一人でお風呂を堪能してもらいました。
いつもはヘルパーさんに入浴介助してもらっているので、
一人でゆっくりお風呂に入るのは9ヶ月ぶり・・・・喜んでくれましたぞ。
体が暖まったので、寝つきもよろしゅうございました。


なお、洗面所には籐のイスもあり、座って歯を磨くこともできるのでGOOD。
トイレは座面が高めなので座りやすく、ポイント高いですヨー。

つづく

■80's■
"You're the Inspiration" Chicago '85
[PR]
by rin_oz | 2009-10-18 17:00 | CAREGIVING

近藤正臣似・・・

母の障害者手帳をもらいに、父と役所へGO。
高齢者福祉課のEさんに説明と手続きをしていただく。

Eさんはご自身の家族が手帳を保持されているそうで、
役所にありがちな通り一遍の説明ではなく、チョー丁寧に分かりやすく説明してくださいました。
福祉パスなどの手続きもいっぺんに済んで、大変ありがたい。
まあ全体では1時間半くらいかかりましたが、
物覚えの悪い私も父も、なんとか飲み込んでホっとしました。ふう。

そして、Eさん、近藤正臣(とくに居眠り磐音にでているときの)に似ている・・・・ので、
ついつい話の最中も見入ってしまってしまった(笑)!
[PR]
by rin_oz | 2009-09-10 10:54 | CAREGIVING

いかしたワゴン

f0051387_1232187.jpg 左手しか使えない母は、動く手で杖をついて歩くので、ものを持ち運ぶことができない・・・なんとかならんかのう・・・と考えて、探して買ったのがこのペグホームワゴン301。軽くてキャスターが大きく、フォルムもかわいい。これをちょっと押しては、杖を持って一歩進み、を繰り返して、ペットボトル1本から洗濯物まで運んでいます。あまりの軽さに、風が強いとワゴンだけ勝手に先に転がっていってしまうことも・・・押さなくていいからラッキー!
フローリングもカーペット(毛足短い)の上もダイジョブ。

2段目には洗濯ばさみやらハンガーやら小物を入れて、3段目は低すぎるので今のところ使っていないよう。ワゴンの高さは80cmくらいなので、ちょうど押しやすいんですなあ。これは我ながら、なかなか良い買い物だったと思うなあ003.gif


★ペグホームワゴン301(3段)★(楽天)



いかす・・・・死語だけど、chicagoの「いかした彼女」をもじってみた。
[PR]
by rin_oz | 2009-07-28 12:45 | CAREGIVING

役所をめぐる

父と役所をはしご。
私は運転手兼保証人だ。
なんで保証人かというと、父は運転免許証を持っておらず、
パスポートの期限も切れちゃったからです。嗚呼。
写真のついていない本人証明だと、即日登録できないものがあるんだよね・・・。

絶対に途中でブーブーいうであろう父のために、
時間のロスが少ないように、あらかじめHPで用意するものと窓口NOを調べておいて、GO!
私も物忘れが激しいので、TODOリストを持ってGO! (涙ぐましい・・・)

書く書類もいっぱいあるので、
慌ててしくじっては「ガァー、もう!年寄りが引っ越すもんじゃないんだよ、ねえ。」
と窓口のお姉さんにグチって苦笑を誘う父。 オイオイ・・・。


母の介護保険の移動と父の退職があるので、
普通よりも手続きが多い。
転出した市役所で3つ、転入した区役所で5つ・・・の窓口を回りましたぞ。
しかも、高齢者福祉課では2ヶ月くらい前に色々なことを教えてもらったので、
私の顔と名前を覚えられていました。
うーむ、私、何か変な人だったかなあ。

しかし歳をとるほど手続きが増えるっていうのは、酷。
お年寄りが一人でやろうとしても、キツイと思うなあ。

憔悴しきった父と、くら寿司でランチ。(ここしかなかった・・・)
回る寿司は初めてというお坊ちゃまな父に、パネル注文を指南。
来るべき年金暮らしに備えて、ステップ1になったでしょうかのう~。

やれやれ。
[PR]
by rin_oz | 2009-06-16 18:15 | CAREGIVING