過熱報道にハテナ

派遣社員の突然解雇に関しての話題を、得意になって取り上げているメディアの数々。
毎日毎日凄いですなあ。
でも、これって・・・後期高齢者医療制度のときに、
困り果てる貧しいお年寄りにスポットばかりをあて、
負担が年々増加する若年層の立場での視点が抜け落ちていた報道と似ているような気がしてならない。

そもそも派遣社員は人件費削減のために雇っているのであって、
業績が悪くなった場合は真っ先に切られるモノである、という認識が・・・どこにいったのかと。
派遣社員で安心して暮らしていける、と思っていること自体が間違いなのだが。
派遣のリスクを知らずに派遣で働くのは、良くないですなあ。

もちろん、契約期間内に契約を打ち切るというのは良くないし、
派遣法を改正してむやみに業種を広げてしまったとか、
正社員の就職口がない、とかの問題もあるんですよ。
それはそれで正していかないといけないけれど、それ以前の認識不足に ハテ と思うんですなあ。

ワタシは一度、派遣先が会社更正法を申請して、
差押え品のように即日仕事が終わったことがあるのだが・・・。
(派遣会社がきちんとしているので、契約期間のお金は貰えましたぞ。)
仕事の責任がない、仕事の範囲や時間が決められている、などのメリットと、
いらなくなったら切られるデメリットはいつでも背中合わせ故、
それを忘れてはならないですネ。
[PR]
by rin_oz | 2008-12-21 19:16 | LIFE