ヘアスプレー

映画の日なので、思い立って「ヘアスプレー」を観てきた。
家を出る前にMM109のHPから良席予約で席をリザーブ、劇場では自動機発券でらくらく入れます、というのを初めてやってみたが、これは便利!もちろん料金は1000円。

内容は60年代の人種差別バリバリのボルチモア、ダンスが上手で人気ローカルTV番組に出演したい主人公がミス・ヘアスプレーをとるために大奮闘、ついでに差別もなくしちゃうぞ・・・・という内容だが、なんといっても私が見たいのは! ビッグサイズなママ役のジョン・トラボルタ、とパパ役のクリストファー・ウォーケン(脇役好き)。
ショウビズのインタビューで「僕だってことはすぐに忘れてしまうよ」といっていたトラボルタだが、いやいや、踊れば踊るほど、んートラボルターって感じでパパとのチューも「う、トラボルタとウォーケンが・・・」とほんの一瞬は我に返ってしまうのは私だけだったのかしら。
しかしデブでもトラボルタ、ダンスはノリノリだ。ウォーケンもミュージカル出身なので、ちょっと枯れかけたパパの演技を取り入れた?まあまあのダンス見せてます。(華麗なダンスは「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でのディカプリオのパパ役で観られます)
主人公トレーシーのAlways満面の笑顔もたまらないし、歌もダンスも楽しい、ハッピーエンドないいミュージカル映画だった。サントラ、欲しいかも。

f0051387_17101577.jpg


誰かのブログで、観るとシアワセになる映画とあったが、まさしくそんな感じ。
大型液晶TVとホームシアタースピーカーがあるなら、DVD鑑賞もお奨め。
(うちはなんといっても15インチなので、ミュージカル映画をみるとしらけてしまうのだ・・・)
[PR]
by rin_oz | 2007-12-01 17:10 | MOVIE