京都2

JTBであらかじめGETしておいた、嵯峨野トロッコ列車の指定席チケットを握り締め、地下鉄堀川御池駅→二条駅(1駅だが決して歩かない)へ、JR嵯峨野線に乗り換えて嵯峨野嵐山駅で下車。

f0051387_11433072.jpgトロッコ列車
保津川渓谷を上から眺めながら亀岡まで走る所要15分くらいの列車。社内アナウンスが面白く、見所の場所で2回ほど列車も止まってくれる。山の中を走りぬけるので、緑がキレイで風も涼しい。トンネルに入ると突然爆走して走りぬけるのが面白い。


f0051387_1149591.jpg保津川下り
トロッコを下車し、バスに乗り換えて保津川下りの乗船所へ移動する。バスは増発されているので、混んでいるながらもなんとか乗ることができた。乗船所では名前と住所を申込書に書いて、窓口で料金を払って受付、名前を呼ばれるまで待つことになる。待つといってもメ氏がタバコを1本吸い、私がお手洗いに行く間くらいで、手を洗っていたら名前を呼ばれた。(乗船は1’40ほどなので、トイレを済ますのは必須。)船も増発されている。
船は前に二人、後ろに一人の、完全人力走行。漕ぎ手のおじさんたちは汗だくで、時々川の水を頭から被っていた。
船は時々幅の細い急流を通ったりして、のどかななかにもスリルあり、景色は一面の緑の渓谷が美しい。客席は幌があるので、そんなに暑くもなく、快適。嵐山渡月橋の手前まで、のんびりと楽しい時間が流れる。 これはイイ!ぜひ、秋や冬も乗ってみたい。


f0051387_1159656.jpg【熊彦】
保津川下り下車所のすぐ近くにある店、たん熊北店の出店らしい。冷やしうどんをいただく。船を下りたらギンギンの暑さで溶けそうだったので、手近なところに飛び込んだが、店の雰囲気も味も申し分ない。昼食後はサッサと嵐山を後にし、京福電車にのって北野白梅町へ。鉄っちゃん夫婦か!というくらい運転席の後ろにへばりついて、路線の景色を楽しんだ。


f0051387_1253123.jpg【北野天満宮】
上七軒に行くがてらお参りした。なんと本殿の前で、大々的に梅が干されていた。梅園の梅ですな。すっぱい匂いでちょっと体力回復・・・なわけなく、流れる汗で全身しっとりしながら飲み物を補充。。


【鶴屋吉信】
上七軒から寺之内通りを歩いて町屋風景をちょびっと堪能するも、メ氏の想像とは違うものだったらしい。暑さも増してきたので今出川通りまで下ってバスに乗る。1日乗車券を持っていると、1停留所でも気楽にポンとバスに乗れて便利。堀川今出川にある鶴屋吉信本店へ。2階の休憩処で、抹茶と夏のお菓子をいただく。メ氏はみつまめ寒天。ここも坪庭があって、涼やか。一度ここに入ってみたかったのだ。

途中、メ氏に上司から仕事のメールが入った。この人がまた京都大好き人間らしく、「この時期に京都?ウエー」という人が多い中、一人だけ「いいなあ京都!」という返事が・・・。この上司さんインフォメーションにより、夜は先斗町の川床に行くことに・・・。
体力の限界を感じたので、一度ホテルへ戻ってシャワーを浴びて一休み。

f0051387_12184244.jpg
【山とみ】
先斗町の料理屋。川床は予約で満員だったので、2階の座敷席へ通される。川床は外で暑そうだったので、室内で正解だったと思う。鮎の塩焼き、賀茂なすの田楽、あなご焼き、京つけもの盛り合わせ(オイシイ)、串焼き、などなど。さすが食通の上司が薦めるだけあって美味しい。


f0051387_12223435.jpg【祇園白川】
食後は鴨川を渡って、夜の祇園白川をブラリ歩き。メ氏の求めていた町屋風景はこのような町並みだったらしい。
京阪三条まででて、バスでホテルへ戻った。バスの路線地図、今回大活躍である。
[PR]
by rin_oz | 2007-08-15 11:37 | TRAVEL