鹿男あをによし

万城目学の「鹿男あをによし」、ぜひ読みたいと思っていた。
図書館の予約待ちが250を超えていて、どうするかな・・・
と躊躇していたら直木賞にノミネートされ、しかし受賞は逃してしまった。

うー、どうしよう。ハードカバーは買いたくないな~。
でも買ってしまいそうだな~。

f0051387_1448824.jpg

>楽天booksよりあらすじ
「さあ、神無月だ--出番だよ、先生」
神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」。失意の彼は、教授の勧めに従って2学期限定で奈良の女子高に赴任する。ほんの気休め、のはずだった。英気を養って研究室に戻る、はずだった。あいつが、渋みをきかせた中年男の声で話しかけてくるまでは……。
慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿…そう、鹿がとんでもないことをしてくれたおかげで、「おれ」の奈良ライフは気も狂わんばかりに波瀾に満ちた日々になってしまった!
「壮大な構想、緻密な構成、躍動するディテール、ちりばめられたユーモア…。これが二作目なんて信じられない。この作家は、いずれ直木賞を獲るだろう」と”本読みの達人”金原瑞人氏が絶賛した、渾身の書き下ろし長編。
[PR]
by rin_oz | 2007-07-19 14:49 | BOOK