あらしのよるに

f0051387_18090602.jpg
昨年末の十二月大歌舞伎、
第一部の『あらしのよるに』を観ました。
関西での初演が評判良かったようで、いつか見たいなと思っていたのだ。
インスタみていて上演に気がつき、
ネットでギリギリにチケットをGET。
メ氏は初・歌舞伎。
私も歌舞伎座が新しくなって初めて・・
十数年ぶりかな。

誰かのコラムで、
何かをする時は上手にとか
綺麗にとかではなく、
相手に届くように精一杯、
一生懸命気持ちを込めてやる。
でないと心を打たないし、響かないし、
残らない・・というようなのを読んだのですが。

いや、まさに中村獅童の
この作品と役にかける想いは
半端ではないのだなと。
目を泣きはらす人続出。私もだ!
「歴史にドキリ」でちょっとオモロイなとは
思っていたけれど、
いっぺんで獅童のファンになってしまったがな・・。
(団十郎さん以来、久しぶり。)
再演があったらその度に
観に行ってしまいそうだ。
ずっと獅童&松也コンビでやってもらいたいー。

なお、一階席客席にもガンガン降りて
歩き回る楽しい演出で、
歌舞伎初めて!でもとても楽しめる作品。
メ氏も楽しかったそうです。
次は一階席で観たいよう。

あ、市川中車(香川照之)も
初めて歌舞伎で見られて、
カマキリ先生♡(Eテレ)とご満悦な私たち。
うん、上手いけれど、
悪役の華のというか、歌舞伎の色気がなかったなー。
現代劇やドラマの方がいいですのう。

[PR]
by rin_oz | 2017-01-21 17:06 | LIFE