バリアフリーの旅@箱根・山のホテル(2)

f0051387_1746717.png
バリアフリーについては、ぶーぶー言ってしまいましたが、
それでも「また泊まりたいね!」と二人して唸ってしまったのは、食事が美味しいから~~~。

温泉付き和洋室に宿泊すると、朝・夕食ともお部屋に運んでもらえます。

初日はフレンチ。デザートにお祝いメッセージを入れてもらいました。

どの皿も美味しすぎる。私が母の皿の野菜を切り分けているのを見て、次の皿から一口に切ったものが出されました。

思い返すと、抗がん剤治療の後のこのころの母は、高次脳機能障害については殆ど生活に支障をきたすことがなくなっていました。
中国語も殆ど忘れてしまって、全く頭に入ってこないと言っていたのが、ラジオ講座を聞いて思い出してはなんだかいろいろ言っていたし・・。

リハビリ教室ではよく、3年たてばね~ と言われていましたが、確かに元のようにとはいかなくても戻ってくることは色々あったようです。諦めることはないっす。
f0051387_17461327.png

話はそれましたが、2日目は和食。
秋の味覚満載で、まつたけや栗おこわなどもあり、至福!

天気の悪さも吹っ飛ばす美味しさ☆
美味しいものをちょっとずついろいろ、の醍醐味を味わいました。

お祝いなので、食事が美味しいのがまず第一。
部屋もお洒落でいごこちいいし、ずっとこもっていてもいいくらいですよ。

あまりにゴージャスだったので、グルメな父はもとより、他の家族には内緒・・・・にしていたのだが、もう時効だからいいでしょう。
書きました。

車椅子だって美味しい旅を!

正直一人で介助&ドライバーは骨が折れるので、家族で行くのがおススメ。
このお部屋は4人泊まれます。


f0051387_1843410.jpg

朝ごはんはこんな感じで運ばれてきます。
もちろんうまっし!和洋選べるのですが、洋の方を撮るのを忘れたらしく、どこにも写真がありません。
[PR]
by rin_oz | 2013-11-08 18:14 | CAREGIVING