しょうがシロップ

f0051387_12265461.jpgf0051387_1227722.jpg梅雨になったら赤紫蘇ジュース、それが終わったころ梅ジュース・・・を作って炭酸で割って飲んでいました。
そのおかげか、とりあえず夏はばてても食欲だけは衰えず、いつもガツガツおいしくご飯が食べられましたよ。
食いしん坊なだけかも知れませんがな。

で、梅ジュースが終わったと思ったら、涼しくなってきて首の後ろが寒い。
(漢方ではここから風邪が入ってくるらしいですよ)
毎年読売新聞が置いていくオレンジ色のタオルマフラーを首にまいて、生姜シロップ作成。

しょうが7袋分をスライスして同量くらいのきび砂糖&スパイスと煮ます。(ほぼ日の作り方をもっと適当にしたやりかた)
セールのときにそれぞれ買っておくので、材料費は1200円くらいだったか・・・前日から仕込む労力も入れれば、まあまあのコストパフォーマンスかのう。
800ccくらいのシロップと、山もりの生姜チップスが出来上がり。

薬局の薬剤師さん曰く、サプリメントや薬にも限界があるので、食べ物から体調を整えるのは大事。だそうです。(自分の薬局じゃなくて、母の薬をもらう薬局と懇意になり、行くたびに話し込むわたし・・・)
特に冷えは女性の場合、歳を取ってくるとひん尿につながったりもするし、ご用心だ!
しょうがラブ。
[PR]
by rin_oz | 2013-10-06 12:06 | FOOD