サウンド・オブ・ムジーク

f0051387_108331.jpg
昨年末に買ったカルロス・クライバーのベト7輸入盤、実家お古パソコン&ヘッドフォン(キーボード用に買ったちょっといいモノ)で聴いてみたら、あまりの美しい音に心も脳天も洗われた気分です。
ハイブリッドSACDの音の良さをやっと実感。
うーん、喩えるなら、踊るように指揮するクライバーの指先から花弁が舞うような美しさ。
エンドレスでずっと聴いていたい。
f0051387_1081318.jpgこんな音がだせるなら、偏屈者でも完璧主義者で守銭奴でもしょうがない、かー。(いや、ちゃんと理由があるんですよ)
今年4月のBSプレミアム2夜連続クライバー特集で初めてクライバー映像をたくさん観ましたが、実に楽しそうに振るんですねえ。オケもたまらんな。
楽しい音楽の時間デス(byミルヒー)、まさに。
f0051387_1082164.jpg

”Sound of Musik” - Falco (1986)
[PR]
by rin_oz | 2011-06-13 10:30 | MUSIC