ヨッテク2010

桜木町に秘孔を突いてもらいにいくついでに、
パシフィコ横浜で昨日今日と開催されている横浜ヒューマン&テクノランド2010に寄ってきました。
「福祉を支える人とテクノロジーの総合展」ということで、毎年開催されています。

主に福祉用具や自助具、車椅子、リフォーム、旅行などのブースがでています。入場無料。
11:00から片麻痺の方の料理実演があったので、まずそれを見学。
実演するのは左麻痺の女性でお子さんがいて、片手で毎日料理をされているそうです。
釘つきまな板で野菜を薄切りするのも手馴れている!トングを使ってゆでたりするのも手早い。
意外に重要なのは、包丁がよく研いであること。
しその葉を千切りするのに、小皿をひっくり返して押さえにする・・・なんていうのも小技ですなあ。
パナソニックがIHヒーターを提供していましたが、
ボウルや小皿を鍋のすぐ横における、安全、汚れても掃除がラク、操作パネルが上向きで見やすい、
夏も暑くなくて快適、などなど利点は色々あるようです。

母が倒れてからは父が料理をしているので、関係ないっちゃないのですが、
何かちょっと食べたい時に役にたちそう。


あとはリハビリと旅行者のブースをまわって、最後に電動車椅子の体験をしてきました。
母が、一人で買い物にいけないのでそのうち電動車椅子をレンタルしたい、とつぶやいていたので、
ちょっと乗ってみたんですが・・・。

自走と電動を切り替えられる電動車椅子(軽量・折りたたんで車載可)は、
段差5cmになると超えられないんだねえ。
3cmまではなんとか。それも勢いをつけて突っ込むとガギョーンと衝撃を受けるので、
段差の手前で一旦とまって、後ろに重心を乗せてせーので超えるとスムーズ。
スーパーまでにキツイ段差がなければ、ダイジョウブかな。
横断歩道から歩道へあがる段差が意外と高いのがネックなのです。

自走機能がなく電動のみのガッチリしたタイプだと、
もっと馬力がありらくらくと段差を超えるかも。
そちらは乗りませんでしたが、家に入れるのには苦労しそう。
ちなみにフツーの自走式車椅子も両手がつかえれば段差は超えられるのですが、
片手だと凄くがんばって2cmまでがやっと・・・・。んーむ。

というのがよーく分かって、なかなかいいですよ。体験乗車。

福祉用具レンタルの人のお話では、
活動範囲を広げるためには電動車椅子を使う人は結構いますよ、ただ
歩くリハビリもしっかりやるようにしないといけませんね、とのこと。
そうなの、
電動車椅子が快適で歩かなくてもいいわ、になってしまうと、
どんどん歩けなくなって筋力が落ちて身体によくないことてんこ盛りなのだ。そこが怖い。

まあ、いずれケアマネさんや療法士さんに相談かな。
その前に脳みそにエポックが起きて、歩けるようになってくれないかのう。
(入院時同室だった人は、突然マヒ手が動くようになったんですねえ。そういうこともあるんです)

他に、おっ、これはいいですなあ~ と思ったものが2・3あったので、
そのうち書こうと思います。
[PR]
by rin_oz | 2010-07-31 17:00 | CAREGIVING