プチ湯治 第4弾

f0051387_1344471.jpg念願の箱根天山湯治郷へ。土日は激混みだそうなので、平日ギリギリ金曜日にGO。箱根湯本から出る旅館組合巡回バス(¥100)の始発が10:45なので、その時間に合わせて家をでる。ちょうどメ氏も仕事で朝から戸塚だったので、途中まで一緒に行く・・・スマンのう。天山湯治郷は、昔メ氏が盗んだバイクで走り回っていた(←ウソですよ)旧街道沿いにあります。
f0051387_1352230.jpg施設は新しくてキレイだし静かだし、周りは山の緑で囲まれていてまるで楽園★。なお施設内は携帯電話・撮影厳禁なので、周囲の写真しか取れませんでした。まずはおフロ!ってことで、5つある露天を移動しながら1時間くらい入浴。
入っているうちから肌がツルツルになります。さすが美肌の湯!
天山は100%源泉かけ流しで、薄めてもいません。・・・・なので、入ると結構エネルギーを消費するんですなあ。

f0051387_136204.jpg館内に休憩処が沢山あるのはなるほどなるほど。レストラン「山法師」で”ねばり勝ち丼”(¥900)を食べたあとは、寝マットとひざ掛けがある「ざしきぼっこ」で川の音を聴きながら山を眺めつつ昼寝・・・。極楽ですなあ・・・。奥にある小さい読書室にも行ってみました。長いす4客と大きい一人ソファが3つ。本はとっても少ないので自分で持っていくといいかも。20分ほどくつろいでみましたぞ。
っていうか、一日中朝から夜までずっといたいーーーー。
畳の休憩所は脱衣所の2Fにもあって、女性だけなので皆心置きなく脱力して寝ていました。
f0051387_1384314.jpgで、も一度入浴。午前中よりは混んでいますなあ。でも、折角だからもう少し・・・・と頑張りすぎて湯あたりしました(バカ・・・)。
暖かい飲み物で水分補給したかったので、カフェで紅茶をすする・・・。いやいやカフェも落ち着いていていいですよ。カウンター式で渋いです。物静かな初老のマスターさんによれば、ま、GWが終わってしまうと激混みは一段落、特に平日はまあまあこんなもんですよとのこと。6月上旬には蛍も見られるんだそうです。夜もいいですなあ。
外に出たら駐車場は結構車で埋まっていて、金曜夜を温泉で!という車がさらに続々と入ってきていました。
午前中から行って大正解。
f0051387_1393990.jpgこの日の箱根は時々晴れ間がのぞくものの割と曇りがちで、なんといっても気温が低かった。ある意味温泉日和でした。バス待ちで結構風に吹かれたけれど、家に帰るまで手足ホカホカだったので、ビバ天山!強羅もいいけど、奥湯本もいい。ガチガチに固まってた体が緩んでいくカンジがするんですなあ。来月も行きたい・・・。

※ねばり勝丼(かつどんではなく、オクラ・長芋・めかぶなどの滋養系野菜をご飯にかけて食べる。ごはんはおひつできます。) ま、こういう施設にありがちですが割高といえばそうかな。
持ち込みであちこちで食べていると、館内の雰囲気が壊れるし汚れるのも確かなので、いた仕方ないのかもしれませんなあ。
[PR]
by rin_oz | 2010-05-14 11:50 | TRAVEL