微々たる年金に悩む

昔入っていた派遣会社のグループ企業年金基金が資金ぐり難により解散することに。
ついに確定拠出年金になるそうです。
ワタシはもう関係ないからいいけど、大変ですな。

年金基金は上乗せ分だし、
ワタシは加入期間が短いので、存続していたとしても月額ふにゃらら円の終身給付だったもの。
今、一時金で受け取るのと、
65歳になってから上乗せ分で終身受け取る(しかし月額は減額)のとで、
どうするかただいま考え中。

ザっと計算して、79歳以上生きるのであれば65歳になってから受け取ったほうがトク。
一時金を安全に運用するとしたら全然増えないし、
何かの拍子に使ってしまったら終わりですからなー。
長年勤めていたのなら迷わず年金上乗せにまわすのだが、
少額だから微妙な差で、どっちにしようか迷うー。


他にも加入していた年金基金が二つアリ、
企業年金基金連合HPで照会して、住所変更。(多分昔の住所だから・・・)
マメマメやってないと、公的記録もどうなるか分からないもんね。
チョビチョビの上乗せを集めて、老後の足しにしなくてはー。

アリにはなれないけど、マメなキリギリス? と、ほ、ほ・・・。

■80's■
"In the City" Madness '82
[PR]
by rin_oz | 2009-11-02 15:05 | LIFE